歯を白くする方法のお勧めランキング【ホワイトニングの泉】

ホワイトニングの新常識

あとで後悔しても遅い!?歯のホワイトニング新常識

あなたの口元意外と見られてます!

テレビや雑誌で【歯のホワイトニング】について特集されることが年々増えてきているのをご存知ですか?

今では実際に、芸能人だけでなく接客業や営業のお仕事をされている一般の方々も「歯の黄ばみ」や「歯のくすみ」などの見た目を気にして、歯のホワイトニングを利用している人も増えてきています。

驚くことに、歯のワイトニング専門のサロンに行くと待合室には10代から20代・30代・40代・50代と幅広い年齢層の方がいらっしゃいます。

また女性専用サロンだけでなく、男女兼用サロンではスーツ姿の男性の利用者もよく目にします。

それにしても「なぜ、歯のホワイトニングの利用者が増えたのか?」

その理由として最新の技術は多種多様な治療やメンテナンス方法の進化が進み、歯が白くなる方法として評判が良くなったことや、利用した方々のSNSによる投稿や口コミが広まったことが挙げられます。

また、歯のホワイトニングの治療法が増えている分だけ選択肢も広がってきています。

金額だけでなく質も高い施術から安心の保険適用範囲内の治療、そしてサロンで簡単にできるセルフケアが東京都内だけでなく全国的にどんどん登場して身近になってきています。

他にも自宅でケアやメンテナンスができる効果的な医薬部外品の登場も歯のホワイトニング利用者の増加に影響しています。

自宅でも医薬部外品の歯のホワイトニングジェルを利用することで、歯を白くすることが可能です。キャンペーンを利用することでお得に試すこともできるので、気になる方は下記のランキング情報を参考にしてみてください。

歯のホワイトニング自宅でもOK!お勧めランキング

人気の薬用ホワイトニングを徹底比較
1位【第1位】圧倒的な高評価!自宅で本格ケアできる『薬用ちゅらトゥースホワイトニング』
薬用ちゅらトゥースホワイトニング

 

特徴おすすめポイント!

本格パワーで歯の黄ばみやステインを強力にしっかり除去!さらに、再付着を防ぐことで、本来の歯の白さを蘇らせるホワイトニング効果を発揮します。

歯を白くするプレミアム処方で歯を傷つけずに、汚れだけを除去するので安心して使えます。

初めてのホワイトニングでも安心して使える成分&しっかり効果を実感しやすいのでおすすめ。

▼こんな人におすすめ

・とにかく早く白い歯を目指したい人
・自宅で本格的なケアがしたい人。
・安全性と効果をどちらも重視したい人。

 

通常価格 5,980円
おすすめ度 星評価5
成分 【湿潤剤】濃グリセリン、オウゴンエキス、シャクヤクエキス、レモンエキス、1,3-プチレングリコール、DL-リンゴ酸、アスコルピン酸、ポリアスパラギン酸ナトリウム液、ウーロン茶エキス、茶エキス(1)、ホップエキス/【清涼剤】エタノール、I-メントール、無水エタノール/【ph調整剤】無水クエン酸、メタリン酸ナトリウム/【粘度調整剤】 キサンタンガム、カルボキシメチルセルロースナトリウム/【可溶化剤】 ポリオキシエチレン硬化ヒマシ油/【矯味剤】ステビアエキス、キシリット/【薬用成分】/アラントイン、イソプロピルメチルフェノール等 
キャンペーン特典 【初回33%オフ】5,980円→3,980円
(定期/次回予定日の10日前までの連絡で解約OK/送料無料/手数料無料/ワンタフトブラシのプレゼント/2回目以降16%オフ4,980円/)

薬用ちゅらトゥースホワイトニングの口コミ評判

使いはじめて確実に白くなったと感じました。【Y.Kさん/36歳】
健康的な白さと歯のツルツル感が気持ちいい!【M.Tさん/31歳】
医薬部外品だからなのか期待以上の効果でした。【U.Iさん/28歳】
今までで1番良い使い心地です。【S.Eさん/44歳】

『薬用ちゅらトゥースホワイトニング』の総合評価

薬用ちゅらトゥースホワイトニングは安全に歯の健康と白さを目指せる口コミ評価の高い医薬部外品のホワイトニングジェルです。普通の歯磨き粉では落とせなような着色汚れを、浮かせて・はがして・落とす効果が自宅で本格的なお手入れができる為かなり優秀です。
送料無料+初回は33%オフで定期コースでも次回予定日の10日前までの連絡で解約OKと条件も良いのでお得に歯を白くしたいという人にイチオシです!

 

1位【第2位】芸能人の愛用者も多い『薬用パールホワイトプロEXプラス』
薬用パールホワイトプロEXプラス

 

特徴おすすめポイント!

芸能人に愛用者が多く「くみっきーさん」「紗栄子さん」「熊田曜子さん」そして辛口で有名な「坂上忍さん」など数々の著名人が愛用していることで話題になっています。

さらっとした質感のリキッド状ですが、しっかりと歯に密着するような使用感です。泡は立ちませんが、磨いた後にはスッとさわやかな爽快感があります。

研磨剤は使用されていませんが、歯のホワイトニングに有効な成分がたくさん配合されているので、安心して毎日使用することができます。

▼こんな人におすすめ

・芸能人と同じ歯のホワイトニングを使いたい。
・頑固な黄ばみで悩んでいる。
・口臭予防も気になっている。

 

通常価格 8,4000円
おすすめ度 星評価4
成分 【湿潤剤】濃グリセリン、BG 、DL-リンゴ酸、シャクヤクエキス、ビワ葉エキス、カモミラエキス-1、ノバラエキス、ホップエキス/【溶剤】エタノール、無水エタノール/【ph調整剤】無水クエン酸/【pH調整剤】 キサンタンガム/【清涼剤】l-メントール/【可溶化剤】無水クエン酸/【薬用成分】アラントイン、IPMP(イソプロピルメチルフェノール)/【清掃助剤】メタリン酸ナトリウム、ポリリン酸ナトリウム等 
キャンペーン特典 【初回33%オフ】8,400円→3,240円
(定期/変更・停止はお届け予定日の10日前まで解約OK/送料無料/手数料無料/歯磨き粉(パールホワイトプロシャイン40g)とオリジナルホワイトニング歯ブラシ1本が毎回プレゼント/2回目以降22%オフ6,480円/)

薬用パールホワイトプロEXプラスの口コミ評判

長年悩まされていた歯の黄ばみが解消して良かったです♪【U.Mさん/31歳】
芸能人がお勧めしているので試したらなかなか良かったです!【S.Aさん/29歳】
歯がスッキリして気持ちいいくらいです。【T.Rさん/25歳】
タバコのヤニ汚れがすぐ落ちてびっくりしました。【Y.Eさん/41歳】

『薬用パールホワイトプロEXプラス』の総合評価

薬用パールホワイトプロEXプラスで注目したいポイントは、アラントイン、IPMP(イソプロピルメチルフェノール)、メタリン酸Na、ポリリン酸Na、DL-リンゴ酸といった、歯のホワイトニングに有効な成分がたくさん配合されているところです。とくにメタリン酸Na、ポリリン酸Na、DL-リンゴ酸は、油汚れにアプローチしながら着色汚れに入り込んで黄ばみや歯垢を引きはがします。さらに、薬用成分のIPMPは歯周病の巣まで浸透し、殺菌する効果があります。 そのため、虫歯、歯肉炎、歯周病、口臭などの予防が期待できます。

 

1位【第3位】口臭予防にもお勧めの『ビースマイルトゥースホワイトニング』
ビースマイル

 

特徴おすすめポイント!

毎日使用するものですので、体にも優しく作られているのが最大の特徴です。

漂白剤・研磨剤・発泡剤・動物由来原料・石油系界面活性剤・パラベン・オイルなど様々なものが無添加のフリー処方となっています。

多くの植物エキスを配合し、爽快なリフレッシュ感とさわやかな使い心地で毎日気持ちよく使用できます。

▼こんな人におすすめ

・口臭も気になる人
・日頃からマウスウォッシュも使っている人

 

通常価格 7,000円
おすすめ度 星評価3
ビースマイル マウスウォッシュ《成分》 【基剤】/精製水/【清涼剤】/エタノール、L-メントール、無水エタノール/【湿潤剤】/ソルビット液、乳糖、チャエキス(1)シャクヤクエキス、1.3-ブチレングリコール、ウーロン茶エキス、黄金エキス、紅茶エキス、ホップエキス、ポリアスパラギン酸ナトリウム液、レモンエキス、カンゾウ抽出末/【可溶剤】/ポリオキシエチレン、硬化ヒマシ油/【着香剤】/香料/【ph調整剤】/無水クエン酸/【保存料】/安息香酸ナトリウム/【薬用成分】/アラントイン、イソプロピルメチルフェノール/【矯味剤】/ステビアエキス、キシリット/【着色剤】/緑色3号/【安定剤】/天然ビタミンE
キャンペーン特典 【初回半額】7,560円→3,780円
(定期/4回目以降のお届けからは、お届け日の10日前までのご連絡でいつでも中断・解約が可能)

ビースマイルの口コミ評判

マウスウォッシュが程よい刺激で良い。【G.Fさん/32歳】
セットで買うとちょっと高いかな。【N.Kさん/38歳】
使い続けるとくすみが取れてくる気がする。【O.Aさん/28歳】

『ビースマイル』の総合評価

ビースマイル トゥースホワイトニングジェルのみでのお得な定期コースもあるようですが、個人的にはマウスウォッシュと併せて使用することをオススメします。

 

従来の治療では歯がしみることも…

痛い・しみるはもう昔の話…

昔は歯の表面を漂白する治療を行う際に薬剤が強かったり、急激な酸化反応による刺激により、歯のエナメル質が薄い人や敏感な人は歯がしみる・痛みを感じるという苦痛を伴うこともありました。

まだ、今ほど普及が進んでいないこともあり、どうしても治療費が高額になってしまうケースも少なくありませんでした。

しかし、最近では薬剤を調整したり酸化反応をコントロールしたりすることで「しみない」「痛くない」治療も登場しています。

さらに1日ですぐ歯の白さを実感したり、輝く不自然なほどの白さではなく自然な白さと透明感を手に入るようになったのも人気が急上昇している理由と言われています。

たしかに、過去には芸能人でセラミック(陶器)で出来た歯の被せ物をしている人ほど、自然なほど歯が白すぎて逆に怖いという印象を持つこともありました。

また、プロフェッショナルクリーニング(PMTC)という方法もご存知でしょうか?

たとえば、コーヒーや紅茶や赤ワインの飲み過ぎで汚れや黄ばみがひどい人は着色汚れが原因で歯がくすんでいるケースがあります。


そのため歯のホワイトニング治療ではなく、歯科衛生士が行うプロフェッショナルクリーニング(PMTC)という歯の表面を掃除することで本来の白さが蘇ることもあります。

見た目に美しいのは人工的より自然な白さと透明感!

白い歯

極端に歯が白く輝きすぎていると清潔感を与えるつもりが、かえって違和感を与えることもあります。

そのため、歯のホワイトニング利用者の多くが「人工的な白さ」ではなく「自然な白さと透明感」を求めています。

日本人は歯が黄ばみやすいって知ってましたか?
年齢を重ねるごとに歯が黄ばみやすく、歯がくすんでいるほど加齢が進んでいる印象をもたれやすいと言われています。

実際に笑ったときの歯が黄色い人よりも、歯が白くて透明感がある人のほうが若々しく見えます。

とくに日本人は外国人(特に欧米人)とくらべて、歯の表面の白さや透明感の元となるエナメル質が薄く、しかも象牙質が透けやすい傾向にあります。

つまり世界的に見ても色素沈着しやすい人種と言えます。

なので、普通に歯磨きをしてもカレーやパスタなどを食べたりコーヒーや紅茶を飲んだりするだけで歯の黄ばみが目立ちやすい傾向にあるのです。

さらに、タバコを吸っている喫煙者や炭酸飲料が好きな人も歯が黄ばみやすくなります。
もちろんタバコのヤニは落ちにくいので長年蓄積している人ほど歯磨きだけでは十分に蓄積汚れを早めに取ってあげることをお勧めします。

また、歯の色素沈着による黄ばみが影響して口臭が出ている人も多いのですが、そういう人ほど見た目の視覚的にも、臭いによる嗅覚的にも印象が悪くなってしまうので要注意です。

いくら外見を綺麗にしていても、笑ったときに歯の黄ばみやくすみが見えたり、口臭が気になると「口が汚い」=「近くで話したくない」となってしまうので相手に与える印象はもう最悪です。

もちろん、タバコを吸う喫煙者やコーヒー・紅茶を飲む人だけでなく何気ない日常生活の食事でも歯の色素沈着で黄ばんだりくすんだりしますのでどんな人でも他人事ではありません。

歯のホワイトニングは選択肢が多すぎて悩む!?

自分に合ったホワイトニング選びが大切!!

昔は歯医者さんのオフィスホワイトニング以外は種類も選択肢も豊富ではなかったのでメリットやデメリットを比較するという事が実際問題として難しかったです。

しかし、今では歯の表面の汚れを落とすと言ってもサロンで気軽に施術が受けられるセルフホワイトニング(可視光線領域のライト・レーザー・LEDライトを使った施術)など選択肢が増えています。

また、高濃度の漂白剤の代わりにポリリン酸やメタリン酸、体だけでなくお口の消毒にも利用されている過酸化水素を主成分とした薬剤(ホワイトニングジェル)など幅広い選択肢から選ぶことも可能です。

そしてマウスピースを利用して効果的に塗布したり、薬用成分の薬剤の濃度をコントロールしたり、施術時間も様々なものがあります。

「歯医者さんで施術を受ける」「歯の専門サロン等でセルフの施術を受ける」「自宅でホームホワイトニングが可能な医薬部外品」など、どれが良いか迷うときもあると思います。

とくに自宅でお手入れができる薬用ホワイトニング商品(厚生労働省認可の医薬部外品)はかなり進化していて今では様々な商品が登場しています。

オフィスホワイトニングの金額・料金相場

一般歯科 4,000円~50,000円程度
専門歯科 5,000円~40,000円程度

セルフホワイトニングの金額・料金相場

サロン 1,000円~30,000円程度

薬用ホワイトニング商品の価格相場

医薬部外品(厚生労働省認可) 2000円~10,000円程度

選択肢が多いときほど「どれが1番歯が白くする方法なのか?」「結局、何が本当にお得なのか?」迷いやすいと思います。

そんな時こそ自分の歯の状態やライフスタイル、コストパフォーマンスなど「自分の価値基準としてどこが1番重要なポイントなのか?」という事をハッキリさせることでベストな施術方法を選ぶことが出来ます。

もしホワイトニングで損したくないけど何から始めたら良いか迷っているなら、当サイト(ホワイトニングの泉)が成分や実感度で徹底比較して厳選した歯のホワイトニングランキングを参考にしてみてください。

なぜセルフホワイトニングが人気なの?

なぜセルフホワイトニングが人気なの?

数年前までは歯のホワイトニングといえば歯科医院などで行っていました。
歯科医院で行う歯のホワイトニングと、セルフホワイトニングではシステムや施術法などが大きく異なることをご存じですか? セルフホワイトニングとは、歯医者とは違い専門のサロンで行う歯のホワイトニング施術の事です。
スタッフが直接施術をするのではなく、説明を受けた後であくまで施術はすべて自分自身で行うため、セルフのホワイトニングと呼ばれています。
なぜわざわざセルフで施術するのかというと、現在の日本の法律では医師・歯科医師・歯科衛生士以外が、第三者の口腔内を触るという行為は禁止されているからです。
そのため、今までの常識では「ホワイトニングは歯科医院で受けるもの」という認識でしたが、セルフのホワイトニングが登場してからは気軽に歯を白くすることができるようになりました。
そんなセルフホワイトニングのメリットは主に下記のような点です。

・痛みがでにくい

・エステ感覚で通いやすい

・料金が安い

・自然な白さになる

などが挙げられます。
歯科医院というと、その雰囲気が苦手だという方も多いはず。
セルフホワイトニングサロンは、歯医者さんの緊張した雰囲気とはまた違い、エステサロンのようにオシャレなつくりになっていることが非常に多いです。
そのため、リラックスしてホワイトニングの施術を受けられます。
また、施術は自分で行うため、店側の人件費を抑えられ、利用するときに私たちが支払う金額も低価格に抑えられます。
使用される薬剤においても、ポリリン酸・メタリン酸・重曹などの市販されている薬剤なので、歯科医院でホワイトニングを行ったときのような痛みもなく、本来の自然な歯の白さを目指すことができます。
もちろんセルフで行うからこそ下記のような面倒に感じる部分もあります。

・自分で施術する手間がかかる

・劇的な効果は期待できない

・基本的に自己責任での施術

歯科医院で使用されるような高濃度の漂白剤を使用するわけではないので、不自然なほど真っ白な歯にしたい方には物足りなく感じるかもしれません。
また、自分で施術するという点で、なれるまでは時間がかかる人もいます。
基本的にセルフで行うからこそトラブルがあった際に自己責任となる可能性もあります。
セルフで施術を行うからこそコストを抑えて安くホワイトニングが受けられる一方、面倒な手間もあるのでまずは一度お試しで体験してみるのもお勧めです。

歯医者のオフィスホワイトニングは何が違うの?

歯医者のオフィスホワイトニングは何が違うの?

以前に比べ、自宅で簡単に歯のホワイトニングができる商品が多く発売されています。
数年前からは利用者が自分自身で施術をする、セルフホワイトニングサロンも登場し、より手軽に歯を白くできるようになりました。
どちらかというと歯のホワイトニングといえば歯医者さんで行う「オフィスホワイトニング」が一般的でしたが、今ではサロンや自宅でも歯を白くする方法を利用する人が増えてきています。
しかし、それでも下記のような特徴があるので歯医者さんに通ってオフィスホワイトニングを利用する人もいます。

・即効性がある

・手間がかからない

・真っ白な歯にすることができる

基本的に歯医者さんのワイとニングでは歯の表面の汚れを落とすという施術ではなく、高濃度の漂白剤を使用して歯を白くするため、即効性があり、真っ白な歯を目指す方にはオススメです。
また、施術は歯科医師・歯科衛生士がするので、自分でする手間を省くことができます。
しかし、決して良い面だけではなく、もちろんマイナス面もあります。
・費用が高額

・歯の表面が荒れる

・痛みがでる

高濃度の漂白剤を使用して施術も歯科医師や歯科衛生士にやってもらうため、費用は他に比べて高額になりますし痛みを感じることも多いです。
また、漂白剤として使用される過酸化水素の働きによって、歯のエナメル質のカルシウムが失われることがあります。
そうすることで歯の表面が荒れ、一時的に食べ物等の色素が歯に着色しやすい状態になります。
歯科医院で受けるオフィスホワイトニングは、歯を白くする効果に間違いはないようですが、その高い効果故に費用もかかりますし、ホワイトニング後のメンテナンスを行わなければ逆効果になる可能性もあります。

歯の表面に変化が起きるので注意!

歯の表面に変化が起きるので注意!

ホワイトニングした直後は歯の表面に色素が着色しやすくなるということをご存知ですか? せっかくお金をかけてホワイトニングをしても、その直後の食生活や喫煙などの生活習慣によっては、更に歯が黄ばんでしまうということがあります。
なぜそんなことになってしまうのかというと、私たちの歯の表面には絶えずペリクルという膜が張っていて、ペリクルにはエナメル質を守る作用があります。
ホワイトニングの直後は、このぺクリル層が除去された状態となっていますので、色素が沈着しやすくなっているんです。
例外もありますが、ホワイトニングの直後に食事制限や禁煙の指示がある場合が多いのはこのためです。
ただし、このペリクル層は自然に再生されていきますが下記のような食べ物は直後30分~1時間は特に摂取しないように注意しましょう。

・お酒(赤・白ワイン、ビール、発泡酒)

・果物や柑橘系のジュース

・炭酸飲料(コーラ・ジンジャエール等)

・ヨーグルトや乳酸菌飲料(pH4)

・ビタミンC・クエン酸・お酢を含む食品

・ケチャップ、ソース等

参照:http://www.skincare-univ.com/article/011542/

アメリカでは歯のブリーチとも言うって本当?

アメリカでは歯のブリーチとも言うって本当?

アメリカで歯のホワイトニングが普及した当初は、ホワイトニングではなくブリーチングという名称で呼ばれることが多かったと言われています。
なぜそこから現在のような「ホワイトニング」という呼び方をするようになったのでしょうか? 当時アメリカでブリーチングというと、衣服を塩素系の漂白剤で白くするようなイメージを持つ方が多かったからなんです。
そのため、ブリーチングよりもやわらかい表現ができないかと考えられ、浸透したのがホワイトニングという呼び方でした。
現在でも一部の歯科医院などでブリーチングという呼び方をしていることがありますが、基本的にどちらの呼び方も歯のホワイトニングを表す呼び方です。
ただし、セルフホワイトニングで使用される薬剤などはブリーチ(漂白)ではないので、歯に優しく安心して施術を受けることができるといわれています。

本当に虫歯予防にも効果があるのか調べた結果

本当に虫歯予防にも効果があるのか調べた結果

「ホワイトニングは虫歯予防にもなる」ということを聞いたことがありますか? とくに最近では虫歯予防や歯周病予防の効果があるという広告も見かけます。
なぜそのように言われているのかというと、ホームホワイトニングの薬剤として用いられている過酸化尿素は、元々歯肉炎の治療薬として使用されていた成分。
現在でも、歯肉炎の治療薬としてアメリカのドラッグストアなどで販売されています。
オフィスホワイトニングに使用される過酸化水素も、低濃度だとオキシドールという消毒薬として多くの医療機関で使用されています。
また、高濃度のものには強い殺菌作用があるため、ホワイトニング後は歯の表面の細菌が減少すると言われています。
さらに、最近の研究結果で、過酸化水素は酸に強い歯に導いてくれる効果がある成分だということもことが分かりました。
そのような理由から、ホワイトニングはむし歯予防や歯周病予防の効果があると言われています。