美人なのに歯が汚い!?口元が不潔だと人生で損するかも。

bizin

▼歯科医も認めるホワイトニングが割引中▼

【コスパNo.1】『歯の黄ばみ』簡単に白くなる時代到来!?専門家も認める驚きの方法とは…>>詳しくはコチラ

外見を磨いて一見美しく見える女性も、笑った時に口元が汚いと印象がガラッと変わりますよね。

実際に「美人でも口元が不潔だともったいない。」とSNSでも話題になっています。


【Y.Nさんの体験談】

私は美人なのに歯が汚い人は、化粧や服装などぱっと見える個所は綺麗にしているけど内面や細やかなところは綺麗にできてないと思います。

友人で服装や髪形や化粧は頭の先から靴の先まで綺麗な美人がいたのですが、笑った時に歯が茶色くて汚いのを見た時にそう感じました。

その友人宅に行くと一見部屋の中は片付いているのですが、本棚の本がバラバラで整理されていなかったり、テレビのコードがぐちゃぐちゃだったり、ドレッサーの上に化粧品が大量に並べられていることも。

またお泊りだったので服を貸してもらうためにクローゼットの中を見せてもらいましたが、コートの隣に夏物のワンピースなど季節感もバラバラで吊っていたり引き出しの中身も丁寧に入っていませんでした。

その友人本人も何がどこにあるのかわからない状態に。

人の目にぱっとつくような所ばかり綺麗にしている人は、細やかな所はいい加減になるのかなと感じました。

それではいくら綺麗にしていてもいざ同棲や結婚したりした時に、相手にこんなはずじゃなかったと思われると思います。

細やかな気配りにも配慮がかけると人間関係にも悪影響かも。

外見を綺麗にする事も、もちろん大事ですが基礎から気をつければもっとどこを見られても完璧な美人だと思いました。


【O.Uさんの体験談】

容姿はバッチリで、いつ見ても素敵だなと思える女性。

ただ歯がちょっと…。

余り単刀直入に言ってしまうわけにはいかないので黙っていますが、数人で話をしていると、他の人の目が彼女の口元に行っているのがわかります。

歯並びも少し気になるので、矯正しつつホワイトニングの治療をしたほうが良いのでは

心の中で思っています。

男性もそうかもしれませんが、特に女性は顔の中でも目元口元を見られます。

初対面なら尚更、最初のイメージというものがついて回るもの。

奥の歯だと目立つことは無いのですが、前の歯はどうしても気になります。

かと言って本人も自覚がないわけではないと思います。

別の仲のいい女性と話をした時に、いつも容姿や顔のことなど話をしたこともないのですが、ふと彼女が悩んでいることを呟いていました。

歯並びが気になるし、歯の間に食べ残しのものが挟まったりして虫歯にもなったり。
でも全部直そうとするとかなりの金額がかかるのだそう。

そういった話も聞いていたので、前出の女性にも私が思っていることを言えずにいます。
きっと彼女も悩んでいるはず。

【S.Iさんの体験談】

私の友人でとてもきれいな子がいるのですが、とても残念なことに、歯が汚く口臭もひどいのです。

その彼女とは高校で出会い、当時からとてもかわいく友達になりたい、と思い仲良くなりました。親しくなり距離が縮まると同時にあることに気づきました。それは口臭がひどいことです。

彼女が話すとなんというか、独特な臭いがします。

ですが、誰も彼女の口臭に対して気づいておらず、彼氏もいましたし、私の鼻が敏感すぎるんだと思い過ごしていました。

ですがある日授業をさぼり二人で保健室にいたところ、保健の先生が「あなた歯肉炎の臭いがするよ!」と彼女に対して言ったのです。

やっぱり!と思いました。

歯肉炎といえば年寄りがなるイメージしかなかったので、ビックリ。

確かに歯は黄ばんでいるように見えていましたし、外見にはこだわっているようだったので、もちろん歯もきれいだと思っていたのでショックを受けました。

大人になった今でも彼女に会うと、あの独特な口臭がしているので残念です。

美人なのに歯が汚いのはやっぱり損!歯が黄ばむ原因とは?

【烏龍茶】

uroncha

烏龍茶はレストランや居酒屋などさまざまなところで提供されています。

夏の暑い日などは飲む機会も増えるかと思います。

烏龍茶には抗酸化作用のあるポリフェノールやタンニンが含まれています。

お茶の中でも烏龍茶はタンニンの量が多いです。

これらのものは歯の表面に付着しやすく、黄ばみの原因になっています。

色素のタンニンが唾液の中に含まれているカルシウムなどの金属イオンと結びつくことで歯の表面に付着し、それらの毎日の蓄積により歯の黄ばみの原因になっていると言われています。

【ココア】

cocoa

ココアはコーヒー・お茶などと同じでポリフェノールが含まれていてステイン(色素)による着色が黄ばむ原因のひとつ。

このステイン(色素)が歯のエナメル質に付着すると歯の黄ばみになります。

色の付いた飲み物はたんぱく質と結合して、ステイン(色素)が出現してしやすくなるのです。

色が濃い飲み物・食べ物は着色汚れが付きやすい原因に。

ダラダラ飲みやダラダラ食べも黄ばみやすくなります。

食べたり飲んだ後はすぐ水で口をうがいをするか、冷たい物だとストローを使うのがオススメ!

黄ばみはハミガキが良いのですがここで間違った磨き方でエナメル質に傷がついて余計ステインが付き黄ばむこともあるので正しく磨いて下さい。

【カレー】

kare

カレーは子供にも大人にも大人気の食べ物ですが、歯に色素沈着が起こる恐れも。

特にカレー好きの人は月に何度も食べるという話をよく聞きます。

ですが、そこで注意したいのがやはり歯の黄ばみ。

色が濃いといわれているカレーは、歯の表面に色素が沈着しやすいのです。

つまり、着色してしまうのです。

そしてそれは、時間が経つとともに取れにくくなります。

それをしっかり取らないままいれば、少しずつ溜まっていき、歯の黄ばみへと変化するのです。

カレーを食べた夜に歯を磨くのではなく、食べた後にすぐ磨かなければ、黄ばみは中々取れません。


まとめ

どんなに美人でも歯が汚いことで印象が悪くなることもあるみたいです。

髪形や肌を気にしても歯が汚いと台無しなので、やっぱり普段から歯磨きを徹底したり食生活を意識しつつイメージアップを図りたいものですね。