歯が汚い人はいい加減!?あなたの人間性、歯で判断されてるかも?

ningennsei

▼歯科医も認めるホワイトニングが割引中▼

【コスパNo.1】『歯の黄ばみ』簡単に白くなる時代到来!?専門家も認める驚きの方法とは…>>詳しくはコチラ

ふとした瞬間、窓ガラスに映る自分の顔を見て「あれ?歯が汚い…」とショックを受けることはありませんか?

歯磨きを毎日欠かさずしていてもなぜか歯が汚いという人も多いはず。

歯の汚れが一度気になると、人前で思い切り笑えなくなったり、大きなコンプレックスになる場合も。

自分でも気になる歯の汚れですが、やはり人から見ても「いい加減なひとなのかな」「身だしなみがなっていないな」など歯が汚い人に対する印象は最悪です。

今回は、歯が汚い人に対する印象の体験談と、歯を汚くしてしまう原因についてご紹介します。

【S.Oさんの体験談】

人と話をしていて、目をずっと見ているのは気まずくなるし、そっぽを向くのも感じが悪いので相手の鼻から下を見る事が多いです。

その時にどうしても目がいくのが「歯」です。

歯が黄ばんでいたり黒ずみで汚れていたりすると、他の身だしなみをいくら綺麗にしていても、一気に不潔に感じてしまいます。

パッと見て良い感じの人だなぁと思っても、歯が汚いとがっかり。

逆に、なんだかパッとしない人だなーと思っていても、笑った時の歯が白くて綺麗だと笑顔も魅力的に見えてしまうから不思議。

顔の造作は生まれつきが大きいですが、歯の綺麗さはメンテナンスやお手入れをきちんとしていれば維持する事ができます。

生活習慣でも、歯が汚い人はもしかしてタバコを吸うのかな?って思ってしまいます。

欧米では歯が綺麗な事はステータスだそうです。

その人の生活態度や、経財状況が良いか悪いかも大体測れてしまうのは、顔ではなく白くて綺麗な「歯」です!

それに歯が綺麗で笑顔も素敵だと、こちらもつられて笑顔になってしまいます。

【Y.Yさんの体験談】

子供の歯が黄ばんでいたり、着色汚れがついていたりするのを見ると、親は子どもにどういうケアをしているのかな、と思います。

歯医者に定期的に連れていってあげていないのかなと。

私にも3才と1才の子どもがいますが、歯医者さんに言われて3ヶ月に1度、検診とフッ素流布に通っています。

麦茶をよく飲むせいか、前歯に着色汚れが着いてしまって気になった事があったので、それからは歯医者さんに行く度に取ってもらいます。

歯科衛生士さん曰く、歯を削っている訳ではないので、汚れを落としてもダメージ等はないそうです。

痛い訳ではないし、気にしない人は気にしないのだと思います。

でも子どものケアは親の責任ですよね。

子どもの歯をきちんとしている親は、きっとご自身もきちんとしている親なんだろうなと思います。

そういうところまで気にかける親に育てられた子どもは、大人になっても身だしなみ等に気を配れるきちんとした大人になるのではないかな、と私は思います。

意外な生活習慣が歯の黄ばみの原因だった!?

・歯を強い力で磨く

hamigaki

歯をしっかりと磨きたいからと言って、歯をゴシゴシ磨いていませんか?

実は歯を強い力で磨くのは逆効果です。

歯の表面には、エナメル質という歯を守っている膜があります。

あまりに強い力で歯を磨いてしまうと、このエナメル質が取れてしまい、象牙質という歯の内側の黄色っぽい部分が見えてしまいます。

歯磨きは、優しく1本1本丁寧にするのが良いと言われています。

・タバコを吸う

tabako

タバコのヤニは、歯を黄色くします。

この「ヤニ」の正体は、タバコに含まれるタールです。

タバコのフィルターが茶色くなるのもこのタールが原因で、歯にも同じようにこの色素がついてしまい、歯の黄ばみになってしまいます。

タールはタバコを吸ったときに有機物質が加熱されて発生する粘着質な液体です。

歯の表面にはペリクルという歯を守っている膜があり、このペリクルにタールが結びついてしまうと歯が黄ばんだ状態になります。

ヤニには、粘りが強いという性質があるため、一度付着するとなかなかとれません。

・口を開けていることが多い

kutiwoakete

口を開けていると、口の中が乾燥しますよね。

実は、唾液には歯の表面をコーティングして、歯を菌などから守る効果や、歯を強くする効果などがあります。

口の中が潤っている人は、着色汚れの原因となる物質を唾液がある程度流してくれる効果もありますので、着色汚れはつきにくいです。

そのため、普段から口を開けていることが多いという人は歯に着色汚れが付きやすいです。

それだけではなく、風邪などのウイルスのリスクや、虫歯などの菌による病気のリスクもありますので注意が必要です。


まとめ

歯の印象一つで、人からいい加減な人に見られてしまったり、いくら身だしなみに気を付けていても悪印象になってしまうのは残念ですよね。

毎日しっかりと歯を磨いていても、意外な生活習慣が原因で歯が汚れてしまっているかもしれません。

白い歯を手に入れて、悪い印象を持たれないよう気を付けたいものですね。

最近は、ホワイトニングのハードルも以前に比べて下がってきて、比較的安価にホワイトニングができるようになりました。

ホワイトニングの種類・相場について気になるかたは「【保険適用内】そのホワイトニング損してない!?費用の相場比較」の記事もご覧ください。