歯が汚い男は論外!?口元の不潔な人がキスNGの理由

hagakitanaiotokorongai

▼歯科医も認めるホワイトニングが割引中▼

【コスパNo.1】『歯の黄ばみ』簡単に白くなる時代到来!?専門家も認める驚きの方法とは…>>詳しくはコチラ

男女問わず、白い歯の見える素敵な笑顔の方に出会うと、ついときめいてしまいますよね。

特に女性は、男性の口元をよく見ています。

口元が不潔だと、知らないうちにドン引きされてるかも…

今回は、歯が汚い男性に関する体験談と、歯が黄ばむ原因についてまとめてみました。


【M.Iさんの体験談】

私は歯科で勤めているのですが、虫歯が多い人というのが不思議です。

確かに歯科はあまり行きたい所ではないと思うのですが、多分痛みもあるだろうし見た目も良くないのになぜ早く治療をしに行かないのだろうと思います。

そしてそういう人は歯の汚れもひどい場合が多いです…。

歯を磨かないのかな?とそこも不思議でたまりません。

虫歯の多い人に限って痛みに弱かったり回数がかかる事にクレームを言ってきたりします。

もっと早くきてたらすぐ終わったし痛くないってこともわかっているようなのですが、歯科に行きたくない!というのが勝つようです。

よほどだらしない人なのかな…と失礼ながら思ってしまいます。

結婚前のコンパなどで人に会うときも、やはり口に目がいってしまう事がよくありました。

個人的な感想なのですがやっぱり虫歯が目立つ人で爽やかで清潔感がある人はいませんでした。

そういう人はタバコ臭かったり、服もヨレヨレでまずモテなさそうな感じの人が多いかなと思います。

その人とキスをする事を考えたらやっぱりNGだし、歯が汚い男性は結婚相手には選びません。


【C.Kさんの体験談】

やはりにこっと笑ったときの輝く白い歯は大切だと思います。

恥ずかしながら以前、前歯が虫歯で半分無い男性とお付き合いしておりました。

顔が好みでひとめぼれだったのにも関わらず、歯がないことに気が付くと、どうしても歯に目が行ってしまい顔もまともに見れませんでした。

しかしながら3か月も一緒にいると、驚くことにすっかり慣れてしまって全然気にならなくなり、その彼と約2年間お付き合いしておりました。

でも、前歯が半分ない彼氏を堂々と友人や家族に紹介することはできませんでした。

一緒にいる時は苦ではありませんでしたが、決して見ていて気持ちの良いものではなかったので、最終的には口をこじ開けて歯医者を進めた次第です。

今はその彼とはお別れしました。

でも、自分の歯の管理もできない人でしたから、やっぱり身の回りの事やお金の管理も全然できなくて、しまいには女癖も悪かったので別れを決断しました。

今はきちんと前歯のあり、笑うと白い八重歯が素敵な男性とお付き合いしております。

歯をニッとして笑う彼をみると心底癒されますので、綺麗な歯って大事だなぁと痛感しております。

さらにそういった管理ができる男性は身の回りのこともきちんとできるように思えました。

もう歯の汚い男性とは二度と付き合いません。


【E.Mさんの体験談】

私は、たとえどんなに人間性が良かったり、イケメンだったとしても口臭のある人は嫌いです。

前に、友達から彼氏の口臭のことで困っているという相談を受けた事があります。

その子の彼は、歯を磨くのが面倒でお風呂に入った際に、口にシャワーを当ててうがいをするだけで、歯ブラシは普段使わないと自慢げに訴えているそうです。

それなのに、彼女にキスをせがんでくるので、「汚くて嫌!」と私や女友達にいつもグチを言っていました。

その話を聞いた後に、その彼と会う機会があったのですが、1mほど距離が開いているはずなのに生ゴミのような匂いがしました。

パッと見た感じは、食べかすなどが残っている様子はないのですが、きっと奥歯あたりに食べかすが詰まってそのまま腐ったのかな…?

と思えるぐらいの臭さでした。

友達から口臭の臭さについて聞いていたとはいえ、半ばネタだと思っていたので、そのカップルに「臭いよ」と直接言うことができませんでした。

あまりに臭いので、一緒にいるのも恥ずかしくなりました。

やっぱり口の中を清潔にしていないと見た目も悪いし、人に紹介するときにも恥ずかしいから、そんな人は恋愛対象外です。

歯が汚いのはどうすれば治る!?歯の黄ばみの原因

【赤ワイン】

akawain

若返り効果のポリフェノールを多く含み、人気のある赤ワイン。

お酒が好きな人は、ついつい飲み過ぎてしまいますよね。

実は、そんな赤ワインは歯の黄ばみの原因となる代表的な飲み物。

理由は、歯の着色汚れの原因の成分「タンニン」が多く含まれているからだと言われています。

元々、ポイフェノールが多く含まれる食べ物・飲み物は歯の表面の着色汚れであるステインが付きやすいといいます。

ポリフェノールの抗酸化作用は、美容や健康に良いという一方で実は歯には悪影響になることも。

これを予防するには、やはり飲んだ後の歯磨きが絶対条件となります。

時間が経つと取れにくくなるので、できるだけすぐに歯磨きをするように心がけてください。

【スポーツドリンク】

sportsdrink

スポーツをするときや、夏場などによく飲むスポーツドリンク。

見た目からは想像もつきませんが、実は歯の黄ばみの原因となる飲み物の1つ。

スポーツドリンクは酸性の強い飲み物である事が原因といわれています。

酸性の強い飲み物は、歯のエナメル質を柔らかくしてしまいます。

悪化してしまうと、エナメル質が溶けてなくなってしまうこともあるというから恐ろしいですよね。

スポーツドリンクが原因で歯が黄ばんでしまうのを防止するには、

・ストローで飲むようにする
・お口の中の乾燥を防ぐ

などの方法が有効です。

【ナッツ類】

nuts

健康や美容にも良いため、ダイエット中のおやつ代わりや、ヘルシーなお酒のおつまみとして食べられることの多いナッツ類。

実はナッツも、歯の黄ばみの原因となる食べ物です。

ではなぜナッツで歯が黄ばんでしまうのでしょう?

その原因はナッツに含まれている色素成分です。

ナッツは色が薄いため、着色とは無縁に思われがちですが、実は染物に使われることがあるほど色素成分の強い食べ物なんです。

そのため、食べ過ぎてしまうと歯が黄ばんでしまいます。

このようにナッツ単体でも着色しやすいのですが、アルコールも歯が黄ばみやすいとされているため、お酒を飲むときにナッツをおつまみとして食べている方は要注意です。

色素成分の多い食べ物や飲み物を摂取した後は、放っておくと着色がどんどん定着して落ちにくくなってしまうので、できるだけ早く歯磨きをすることをオススメします

今日のまとめ

やはり歯が汚いと、女性からの印象はかなり悪いようです。

口元が原因で人間性までだらしない人と決めつけられてしまう場合もあるから恐ろしいですね。

内面や外見の自分磨きをするのと同じように、口元の清潔にも気を付けたいものです。

最近は、以前に比べてホワイトニングの種類も増え、全体的な技術が上がり金額も下がってきています。

ホワイトニングに興味があるという方は、「知らなきゃ損する!?ホワイトニングの種類とメリット・デメリット」の記事も是非ご覧ください。