歯が茶色に変色?!原因と解決方法!!

hagatyairo.jpg

▼歯科医も認めるホワイトニングが割引中▼

【コスパNo.1】『歯の黄ばみ』簡単に白くなる時代到来!?専門家も認める驚きの方法とは…>>詳しくはコチラ

友達や彼氏・彼女との食事で、歯を見せないように意識する毎日…。

自分の歯が茶色いのが気になり、歯を見せないように笑ったりしなきゃいけなくて辛い。

人には言いづらい歯のお悩みのコンプレックスを抱えている方は少なくありません。

でも諦める必要はありません!

今では様々な歯の着色汚れを落とすホワイトニングの商品が手頃に購入できるようになっています。

気づいた時には歯が茶色になっていたなんてこともあると思いますが、歯を綺麗にする方法は数多くありますので諦める必要はありません。

今回は歯の印象であるある【実際の体験談】と歯の着色を防ぐ為の【簡単な対策方法】を紹介します。


【T・Eさんの体験談】

歯が茶色い人に対して、抵抗を感じてしまいます。

私の友人に、歯が茶色い人がいました。初めの頃は特に気がつかなかったのですが、交流が増えるにつれて歯の色に目が行くようになったのです。

会話をする時や、食事の時などに歯が見え、どうしても色が気になりました。

中でも、大きく口を開け、大笑いしている姿を見た時は、友人に対して悪いなと感じながらも、少しだけ目を背けてしまったほどです。

歯並びはとても綺麗なので、茶色いのは勿体ないと感じます。

せっかくの歯並びも、色次第で印象がガラリと変わってしまいます。

日本人の歯は本来、少し黄色味がかった白色だと知っています。

故に、茶色すぎる人を目にすると、抵抗を感じてしまうのです。

その友人を見ていると、いつもチョコレート菓子や色の濃いぶどうジュースなどをよく飲食していました。

外出先で飲食しても、うがいは全くしていなかったので、歯が茶色くなっていたのだろうと考えています。

私は歯の色を気にする事は、最低限のマナーだと捉えているので人との関わりの中で、歯の色・明るさはとても重要な点だと思います。


【A・Oさんの体験談】

私は子供の歯が茶色なのを見ると親が責任感がないのかなと思います。

幼い子供を育てているため、歯磨きにはとても敏感です。

聞いた話では子供は小学2年生くらいまでは自分で綺麗に歯ブラシはできないそうです。ですので大人が仕上げ磨きをしてあげることが大切です。

友人の子供がわが子にキスをしていて微笑ましく見ていたら、その子の歯が茶色いのに気が付きました。

我が子に虫歯菌が!と驚いたのですが、友達は全く気にしていない様子でした。

それとなく歯磨きの話題に持っていくと、なんと子供の歯ブラシは仕上げ磨きをしたことがないそうです。

友人の子供は4歳です。

歯が生えてから一度も大人が磨いてないなんて驚きでした。

友人曰く、「いつまでも大人に磨いてもらっていては子供が綺麗に磨こうと思わないから」磨いてあげないのだそうです。

果たして4歳まで正しい歯ブラシをしてもらわなかった子供が自分で綺麗に歯を磨けるようになるかは謎です。

子供の健康管理は親の責任です。

子供自身のせいにするなんてなんて無責任なんでしょうか。

そんな親は同じ子供をもつ親としてあり得ないと思います。


【K・Sさんの体験談】

私は、歯に茶渋がついている人は、他の部分をどんなに身ぎれいにしていても、それだけで清潔感が半減してしまうのでもったいないなと思います。

例えば、メイクもヘアもばっちり決まっているのに茶渋がついている女性を見たときには特にそう思います。

たとえトレンド感のあるリップを塗っていても、にこっと笑ったとき、唇から覗く歯が茶渋で汚れているのをみると、ああ、残念と思います。

茶渋は、ホワイトニング効果の高い歯磨き粉を使えば薄くなる可能性も高いです。

茶渋汚れの程度にもよるけれど、定期的に歯科に通えばクリーニングでずいぶんとキレイになるはずなんです。

メイクにもヘアにもきちんと手をかけているのに、歯のメンテナンスは怠っちゃったのかな、と思わざるを得ません。

最近は美白ブームなので、女性で肌が白い人だと特に茶渋は目についてしまいます。

しかも、茶渋は歯の黄ばみよりも目立つ傾向にあるので、ごまかしようがありません。

歯に茶渋のついている人は、美意識が足りない人という印象が強いです。

<普段の生活で着色汚れを回避!少しの意識で黄ばみは避けられる!?>

【歯石】

haseki.jpg
毎日歯磨きをしていても残念ながら歯石ができてしまうことがあります。

歯石ができる理由の多くは磨き残しです。

完璧に歯を磨いたと思っていても、どこかしらを磨き忘れるということは起こってしまいます。

磨き忘れてしまうと、その歯の表面に残っている食べかすなどが歯垢に変化し、1日経過するとかたくなって歯石になります。

この歯石はもともとは白い色をしていてあまり目立ちません。

しかし、食べ物やタバコなどに含まれる色素が沈着してしまうと、目立つ色の歯石に変わってしまい、歯の黄ばみになってしまいます。


【口の乾燥】

kutinokannsou.jpg
口の中が乾燥しやすい悩みを持っている人は多くいらっしゃいます。

口が乾燥しやすい原因のひとつが口呼吸です。

口呼吸をすると口が乾きやすくなる以外に、口臭が気になったり、口のまわりの筋肉が衰えやすくふけ顔になりやすいと言われています。

また、口を常にあけているため風邪やアレルギー症状になりやすいと言われています。

他にも、老化などにより唾液の量がへることで口の乾燥が起こりやすくなります。

このようにさまざまな理由で、口の中は乾燥しやすいです。

口の中が乾燥すると先ほど述べた問題以外に、歯が黄ばみやすくなる原因にもなってしまいます。

実は、唾液は歯の表面を保護する役目を果たしています。

口の中が乾燥していると、その保護がうまくできず虫歯菌が活発に活動し周囲を酸性にして歯がもろくなってしまうのです。

歯の表面がもろい状態では、食べ物やタバコなどの色素が歯の表面に沈着しやすく歯の黄ばみの原因になります。

また、歯の黄ばみになりやすい歯石もできやすくなってしまいます。


【ほうれん草】

hourennsou.jpg
ほうれん草は鉄分、βカロテン、ビタミンC、カリウム、マンガンとさまざまな栄養を含む人気の野菜です。

そのため日本でもさまざまな料理に用いられています。

そのように親しみのあるほうれん草ですが、これを食べると歯がきしきしといやな感覚になったという経験はないでしょうか。

この歯のきしみの原因はほうれん草に含まれているシュウ酸です。

シュウ酸は歯の表面のカルシウムと反応してシュウ酸カルシウムに変化します。

これが独特のえぐみをもたらす原因になるともいわれています。

また、シュウ酸は酸の一種です。

酸は歯の表面のエナメル質をもろくしてしまいます。

もろくなった歯の表面は、ほうれん草に含まれるポリフェノールなどが色素沈着しやすくなり、歯の黄ばみの原因になります。


(今日のまとめ)

どんなに他の部分を身ぎれいにしていても、歯が汚いことで印象が悪くなることもあるみたいです。

せっかくヘアスタイルや服装などに気を使っていても、清潔感に悪影響を与えてしますのはもったいないですよね。

生活の中で少し意識するだけで着色汚れを防ぐ対策も沢山あります。

また、歯の茶色くなった着色汚れを落とす自分にピッタリの方法を見つけることをおススメします。

他の記事では、歯のホワイトニング用ランキング等も紹介していますので、良かったら是非チェックしてみてください。