歯の色が変わった?!白い歯に戻れる意外な改善方法!!

hatoumei.jpg

▼歯科医も認めるホワイトニングが割引中▼

【コスパNo.1】『歯の黄ばみ』簡単に白くなる時代到来!?専門家も認める驚きの方法とは…>>詳しくはコチラ

歯の色が気になる…。

歯は毎日使う体の一部分だから、毎日お手入れ欠かさずしていても、子供のころのような透明感を保っている人は多くありません。

歯の色を平均を保つことも難しいですよね。

普段口にしている身近な食べ物が歯の着色汚れの原因になっていることがあります。

今回は、歯の色が気になる悩みの体験談と着色汚れを防ぐ簡単な方法をまとめてみました。


【I・Sさんの体験談】

私は自分の歯があまりきれいじゃないことが気になっています。

黄ばんでいるということではなくて、歯に点々がついているのです。

とくに治療したところに色がついてしまいます。

これをどうにかしたいのですが、・・。

初めて点々を見つけたときには、こんなに虫歯になってしまっているとショックでしたが、そうではないようです。

とはいっても、だから安心ということはなく、これは歯のケアがあまりできていないということなので、もっとしっかり歯磨きをしないといけないと決意しました。

そして歯ブラシの使い方を変えて、ていねいにしっかり歯磨きをしているのですが・・、歯についている点々は消えません。

ホワイトニングをしないときれいにならないということでしょうか。

人としゃべるときは、歯が気になるのであまり口を開けないようにしています。

なので滑舌が悪くなるときがあり、これではいけないと思います。

歯がきれいでないと、こういうことにも影響があります。


【O・Jさんの体験談】

歯の色は白が理想ですが、年齢を重ねたりタバコを吸っていたりすれば多少の着色汚れは仕方がないと思っています。

女性や接客サービスの仕事の人は口臭を含めて口腔ケアはしている人が多いです。

ヤニ取りの歯磨き剤を使ったり、歯のマニキュアをしたりしています。

私もケアしています。

お客様で時々見かけるのが極端な着色汚れがついている人です。

虫歯の色じゃないのが一目瞭然で気持ち悪いです。

きっと口臭もキツイんだろうと思い込んでいるので息を止めて話すしかないんです。

そして、そういう人に限って話が長いし接客してもらいたがるんです。

普段は話す相手がいないのかなぁあ?と思ってしまいます。

出かけるのに歯を磨かないというのも人に会うことまで想定していないのかな?とも感じています。

なぜなら、そういった人は着ている洋服も不潔な感じだからです。

シミがついていたり、ゴミがついていたり洗濯されていないのが分かるような服装です。
きっと歯の着色汚れがついている人は汚れに鈍感で不潔な人なんだと思います。


【H・Sさんの体験談】

最近、歯の色を気にするようになった20代の女性です。

子供を出産して、家事や育児が忙しく、歯医者でのメンテナンスを行かなくなり、歯の色が黄色くなっていることに気づきました。

普通の歯磨きでは落ちない汚れなので、どうすれば良いのか悩んでいますがこんなことを旦那に相談するのも恥ずかしくてできません。

誰かと話をするときも、相手に歯を見られないように意識したり、不潔さを感じさせないように服装などを綺麗にしたり気を使っています。

歯の色が黄色くなって、普段の生活でこんなに悩むとは思ってませんでした。

食べ過ぎ注意!体に良くても歯が黄ばむ食べ物って?

【酢の物】

sunomono.jpg
酢の物は、疲れているときに食べると元気になるといわれており、昔から人気の伝統的な料理です。

現代では、内臓脂肪を減らしたり、高血圧を抑えたり、血液中のコレステロールや脂質を減らす効果があることもわかってきました。

このように健康に良い酢の物ですが、歯にはよくない影響をもたらします。

歯の表面のエナメル質は堅いイメージがありますが、酸には弱い性質を持っています。

そして、酢の物を食べた直後のお口の中は酸性に偏っています。

そのため、酢の物を食べた後は一時的に歯の表面が脆くなっており、食べ物などの色素が沈着しやすく歯の黄ばみの原因になってしまうのです。

【いちご】

itigo.jpg
いちごは老若男女を問わず多くの人に好まれる甘酸っぱい美味しい果物です。

ビタミンCも豊富で美容と健康にも良いと言われています。

そんないちごにまつわる噂話の中には、「いちごを使って歯を磨くと黄ばんだ歯が白くなる」という話があります。

歯のケアに敏感な方の中には、これを信じて試した方もいらっしゃるかもしれません。
しかし、これは正しくありません。

むしろ逆効果になる恐れがあります。

いちごは甘酸っぱいことでもわかるとおり、酸を含んでいる果実です。

酸は歯の表面のエナメル質をもろくしてしまい、色素沈着が起こりやすくなります。

さらに、いちごに含まれているポリフェノールは歯の表面を保護しているペリクル膜と結合しやすく歯の黄ばみのもとになります。


【白ワイン】

sirowainn.jpg
ワインは、香りや味わいが素晴らしいだけではなく、健康に良いために愛飲している方も多いお酒です。

特にぶどうから抽出されたポリフェノールの効果によって、抗酸化作用やアンチエイジングが期待されています。

一方で、赤ワインは歯の黄ばみであるステイン汚れの原因になりやすいことが知られています。

それでは、白ワインはどうなのでしょうか。

実は白ワインは赤ワインよりも歯の黄ばみの原因になる可能性が高いと言われています。

なぜかというと、白ワインは赤ワインよりも酸性の度合いが一般的に高いからです。

そのため、歯の表面のエナメル質をもろくしたり薄くしてしまう可能性が高いのです。

エナメル質がもろくなると、その奥にある象牙質の薄い黄色が見えたりします。

また、エナメル質自体にできた細かな傷に色素が沈着しやすくなり、歯の黄ばみの原因になるので注意が必要です。

(今日のまとめ)

歯のコンプレックスを抱えている方は少なくありませんね。

人と話をする時に、歯が気になるのであまり口を開けないようにしているというお悩みもあるくらいです。

最近では歯のホワイトニングも私たちにとって身近なものとなってきています。

インターネットから簡単に注文が出来て、手軽に出来る話題の自宅ホワイトニングなどもあります。

簡単に手頃で、歯のお悩みを解消できるかもしれませんので、お試しをされてみても良いかもしれません。