虫歯じゃないのに前歯が黒い!?原因は身近なあの食べ物にあった!

hakuroi.jpg

▼歯科医も認めるホワイトニングが割引中▼

【コスパNo.1】『歯の黄ばみ』簡単に白くなる時代到来!?専門家も認める驚きの方法とは…>>詳しくはコチラ

歯の黒ずみ、特に笑った時に見える歯が黒く汚れていると、自信を持って人と接したり、笑うことに臆病になってしまいますよね。

タバコのヤニで汚れていたり、着色汚れで黒くなってしまったりと原因は様々です。

もしかすると、虫歯や歯石、歯の汚れが着色しているとしたら、歯を白く綺麗にするための解決策と原因を知る必要性がありますよね。

今回は、歯の黒い汚れの改善方法と歯のお悩みを抱えている声を紹介していきます。


【A・Sさんの体験談】

人の口の臭いだけで、こんなにも私は体調が悪くなり生理的拒否してしまうんだとびっくりした出来事がありました。

派遣のPC作業の仕事の研修で何百人の中で数名受かる為に配属先で頑張っていた時です。
新しい同期たちと一緒に受かる為に必死に研修してましたが、隣の席の男性が顔はまあまぁですが歯が溶けて黒いおまけに臭い。。。

それだけでも気持ちが悪い。最悪だと思いました。

ヘビースモーカーで毎日お酒の臭い→臭いがこっちにくる→この場から消えたくなるくらいの吐き気)そりゃ臭かったり歯も溶けるはずです。

そんな人に限ってよく私に話しかけてくるんです。

途中から行きたくなくなりました。

研修もやる気なくなり受かる気力もなくなりました。

その後私やその方は、研修テストに受からず離れましたが心の底からホッとしています

歯の印象は、どんなに顔が良くても溶けてたり黒かったり歯石がすごかったりメンテナンスしてないだけでがた落ちです。

だから自分自身は定期健診や歯磨き等できることは必ずしようと思います。

 

【Y・Eさんの体験談】

30代は順調に出世していれば社会的な地位もついて来た頃で、収入も多くなっている頃なので、仕事面でも自分を良く見せたい年齢だと思います。

しかし、歯にもがたが出てきやすい年齢で今までの虫歯の積み重ねで銀歯が増えて来たり、前歯が変色する人も多いです。

そして私自身も歯のがたが出て来始めた年齢で、歯というのは治療にお金が掛かるのでなかなか治療に踏み切れなかったです。

しかし、歯が汚いとその人の経済力などが見て取れる気がして、いくら成功していると見栄を張っても空回りする事も多かったです。

人は見た目が肝心と言いますが、歯というのはその人の生活の不摂生や経済状況を表してしまいやすい場所です。

なので、銀歯でしのぐなどではなく見た目を良くするという事もしなければならないのだなと感じました。

【O・Kさんの体験談】

私は、普段から歯の黒い汚れ(特に前歯)が気になり、仕事で人と話す機会が多いのですが前歯が気になり思いっきり笑えませんでした。

笑う時は、少し横を向いて笑ったり、写真を写るときなども笑顔を作ることができませんでした。

歯の汚れは普段、人と接することが多い職業であれば尚更、かなり影響が大きいと思います。

そこで、歯医者での治療を考えホワイトニングの説明を受けましたが差し歯や人口歯には効果がないと言われました。

私は若い頃、虫歯の治療で前歯はほとんど差し歯や詰め物でした。

そこで、歯医者さんからの提案で保険適用内で詰め物の汚れている部分を削り、もう一度新しい詰め物を入れるという方法をやって頂きました。

本物の歯ではない分、また期間がたつと着色汚れがつくと思いますが、人前で気にしないで笑えることが何よりも幸せです。

現在は、出来るだけ着色汚れを残さないように、低コストホワイトニングサロンで3カ月に1回メンテナンスをしてもらっております。


黒い汚れの原因は歯に着色しやすい食べ物やこんな物にも…?!


【イソジン】

isozin.jpg
風邪の予防のために多くの人がうがいを心がけています。

特に風邪が流行る時期は薬局などでもうがいのための商品が目立ちます。

うがい薬で有名なイソジンは、ポビドンヨードという外用消毒薬を使っています。

この薬品は世界保健機構によって策定されたWHO必須医薬品モデル・リストにも掲載されている世界的に信頼されている殺菌剤です。

このように、信頼のあるイソジンですが、実は意外な副作用があるのをご存知でしょうか。

イソジンは歯の黄ばみという副作用をもたらしやすいのです。

あの独特の色には、歯に着色しやすい成分が含まれているからです。

特に歯のホワイトニングをした直後の人は影響を受けやすいので注意が必要です。

【口紅】 

kutibeni.jpg
口紅は女性のお化粧にはかかせないものです。

口紅はその日の気分やシチュエーションによって色を変えたりすることで、生活に彩りを与えるとても素晴らしい化粧品です。

しかし、あなたをきれいにするはずの口紅が、歯を汚くする原因になりかねないことを知っているでしょうか。

口紅の塗り方や歯並びにもよりますが、口紅をつけて日常生活を送っていると前歯などに色がついてしまうことがあります。

歯に口紅がついてしまうと恥ずかしいだけではありません。

口紅がついている時間が長ければ長いほど、歯の着色汚れになり歯が黄ばむ原因になるので注意をしましょう。


【炭酸飲料】

tannsann.jpg
炭酸飲料は炭酸のはじける感覚が爽快感を与えるため、多くの人に愛飲されています。

また胃腸を適度に刺激するため食欲の増進にも役立ちます。

このように炭酸飲料は消費量の多いポピュラーな飲み物ですが、歯には良くないといわれています。

なぜかというと、炭酸飲料は酸性のものが多く、歯の脱灰と呼ばれる現象を引き起こしやすいのです。

歯の脱灰とは、歯の表面のミネラルなどの成分が抜けてしまうことで、歯の表面がもろくなってしまう現象です。

また、糖分を含む炭酸飲料の場合は、虫歯菌との反応でさらに歯の脱灰が進んでしまいます。

歯の表面がもろくなった状態で食事をしていると、炭酸飲料に含まれる着色料が歯の表面に着色しやすくなり歯の黄ばみの原因になってしまいます。

(今日のまとめ)
歯の黒い汚れが原因で、人から見られる第一印象を台無しにしてしまう可能性があるんですね。

歯の黒い汚れを落とす方法として、歯医者で歯のクリーニングをしたり、ホワイトニング用の歯磨き粉を使う等、色んな方法があります。

また、普段の生活から着色汚れを防ぐために、着色しやすい食べ物を口にした後は、歯磨きをしたり、水を細目に飲むことで少しでも汚れの着色を防ぐことをおススメします。

歯が白くなるだけで、歯の汚れを気にせず自信を持って笑えるようになったり、人間関係にも良い影響を与えるはず。

自分に合う方法で歯の黒ずみを解消できたらいいですね。