ホワイトニング/歯を白くする17の方法!【印象を大きく左右する】

ホワイトニング

▼歯科医も認めるホワイトニングが割引中▼

【コスパNo.1】『歯の黄ばみ』簡単に白くなる時代到来!?専門家も認める驚きの方法とは…>>詳しくはコチラ

ふと鏡を見たときに、自分の歯が黄色いとショックを受けたことはありませんか?

自分の黄ばんだ歯が気になる人ほど、明るく白い歯に憧れますよね。
歯が白いと、相手に清潔感のある好印象を与えることが出来ます。

「芸能人は歯が命」というフレーズも流行りましたよね。

今では芸能人だけでなく、一般の方も歯の白さを意識するようになってきています。

でも、歯を白くする方法といっても「身近なものを使って歯を白くする方法」と「歯を白くすることに特化して作られたもの」があるんです。
その中から、今回は役立つ歯を白くするための17の方法をご紹介していきます。

簡単なものを集めましたので参考にしてみてください。

身近なものを使って歯を白くする方法

身近なものを使って歯を白くする方法

1.歯を白くする食べ物を摂る


食材を使っての歯のホワイトニングは「自然ホワイトニング」と一般的に呼ばれることがあります。

食材は薬剤と違って化学反応を含む人工的な過程が含まれていないため、歯に負担をかける心配はありません。
具体的にどのような食べ物なのかというと、レモン・アセロラ・ごぼう・ぶなしめじ・パパイアなど、リンゴ酸や食物繊維、パパインを含んでいる食べものにホワイトニングいいといわれています。

2.歯を汚してしまう食べ物を避ける


イメージとして、カレーやコーヒー等の白いシャツにつくと汚れが取れにくい食べ物は歯にも付着しやすいと言われています。

ちなみに飲み物に関しては、ストローを使用することで歯に付着しないように飲むことができますので意識してみてください。

3.歯ブラシをする時に乾いたまま歯を磨く


歯磨きをするときは、歯ブラシを濡らしてから歯を磨く方が多いと思います。

歯ブラシを水に濡らしてから歯磨きをすると、泡立ちが良いため磨いた気になってしまっている場合が多いんです。

泡立つことで、歯磨き粉に含まれる有効成分が早く流れてしまうので、乾いた歯ブラシで歯一つ一つを丁寧に磨いていくのが良いとされています。

4.歯磨き粉に塩を混ぜる

昔からの生活の知恵で、茶渋には塩が効くということを聞いたことがある方は多いのではないでしょうか。

実際にマグカップなどの茶渋の汚れは、塩とスポンジで磨くと簡単に落ちます。
これは、茶渋やワインに含まれているタンニンという成分と塩が結びつくためです。

ワインはグラスで飲むことが多いので、ワインなどによる黄ばみにはこの方法がおすすめです。

5.研磨剤の粒が小さい歯磨き粉を選ぶ

ホワイトニング歯磨き粉の中には、舌で触れるとざらざらとした感触のものがあると思います。

研磨剤は粒が大きいほど歯を削る力が強くなります。
粒の大きな研磨剤がエナメル質を傷つけかねませんので、できるだけ粒の小さいものを選ぶことをオススメします。

6.ホワイトニングに良いガムを噛む

キシリトールは虫歯の予防効果があると有名ですよね。
最近は、これにプラスして「メタリン酸ナトリウム」というホワイトニング効果が期待できる成分を配合したガムが発売されています。

メタリン酸ナトリウムには、歯に色素が着色するのを防ぐ効果があります。
そのため、このガムを食後に噛むと、歯への着色を予防できるということで人気が集まっています。

7.ココナッツオイル歯磨き

ココナッツオイルを重層や塩とブレンドすることで、手作りの歯磨き粉が作れるんです。

なぜ手作りの歯磨き粉にココナッツオイルを入れるのかというと、ココナッツオイルの油分によって口の中の汚れが溶け出すため、口の中の汚れを洗い出すことができるからです。

8.重曹を使う

重層と植物グリセリンを混ぜたもので歯磨きをすると歯が白くなるといわれています。

重層は研磨作用が強いため、強くこすったりする必要はないみたいです。
歯磨きに重層を使用する際は、必ず食品用のものを使用してください。

 

歯を白くすることに特化して作られたものを使用する方法

歯を白くすることに特化して作られたもの

1.ホワイトニング専用歯磨き粉を使用する

市販のホワイトニング専用の歯磨き粉には、研磨剤が含まれている場合が多いと言われています。

研磨剤入りの歯磨き粉で歯を磨き過ぎてしまうと、歯の表面のエナメル質を傷つけてしまいます。

そのため、ホワイトニング専用歯磨きを使う際はコーティングが出来るフッ素と併用することをオススメします。

2.歯の消しゴムを使う

歯の消しゴムとは、歯磨き粉に含まれている研磨成分を凝縮した物と言われています。

そのため、研磨性の強い歯磨き粉と同様に歯を傷つけてしまう可能性があるので注意が必要です。

1週間に1回くらいの使用がいいとされています。

3.水流洗浄が出来る電動歯ブラシを使う

水流洗浄の電動歯ブラシは、歯の細かい凹凸や歯のすきま、歯茎の間などを綺麗に洗うことができます。

歯ブラシで磨くよりもっと狭い場所に入り込んで汚れを落としてくれるのがメリットです。
洗浄力が高いため、歯磨き粉も必要ありません。
また、歯への着色を定着しにくくする効果や、虫歯や歯周病を予防する効果もあります。

4.自宅で使える歯専用のマニキュアを塗る

気軽に白い歯を手に入れられると人気を集めているのが歯専用のマニキュア。

歯の表面にマニキュアを塗ってコーティングするだけなので、効果は約1日程度ですが、ここぞという日にオススメです。
5.歯科医院で歯のマニキュアを塗る
実は歯のマニキュアは歯科医院でも塗ることができます。

しかし、歯のマニキュアを扱っている歯科医院少ないようなので、できるところを探すのが少し大変かもしれません。

6.ホームホワイトニングをする

自宅で気軽にできるホワイトニングです。

歯科医院で作った専用のマウストレイに薬剤を入れ、毎日一定時間、歯に装着して薬剤を浸透させるようです。

緩やかな効き目のようですが、歯科医院に行く時間が取れない方にはオススメの方法です。

7.歯科医院で歯のクリーニングをする

歯の表面に付いた茶渋やヤニ等の色素を落として、本来の自分の歯の色に戻すのが歯のクリーニングです。

歯の表面に茶渋やヤニなどの色素が着色して変色している場合は、歯のクリーニングのみで白くなることがあります。

8.オフィスホワイトニングで白くする

オフィスホワイトニングとは、歯科医院で行うホワイトニングのことです。

クリーニングで元の歯の色に戻した後に、もっと歯を白くしたい方にはオフィスホワイトニングをオススメします。

歯の明度を上げて白くする方法なので、自然な感じで歯を白くすることができます。

9.エステサロンでホワイトニングする

最近はエステサロンでホワイトニングができるところが増えています。

二酸化チタンやポリリン酸など市販の口腔化粧品を使用して、お客さん自身でこれを歯に塗布し、LEDの光を当てて行うセルフエステ方式といわれるものになっています。

今までは歯科医か歯科衛生士しか施術ができなかったホワイトニングですが、市販品を用いたセルフエステ方式をとることで、エステサロンでもできるようになったようです。

まとめ


今回は「身近なものを使って歯を白くする方法」と「歯を白くすることに特化して作られたもの」について17の方法をご紹介しました。
白い歯を手に入れて、より自分に自信が持てるようにぜひ歯のホワイトニングを検討してください。