彼氏・彼女の歯が汚くて…。【体験談と解決策】

彼氏虫歯.jpg

▼歯科医も認めるホワイトニングが割引中▼

【コスパNo.1】『歯の黄ばみ』簡単に白くなる時代到来!?専門家も認める驚きの方法とは…>>詳しくはコチラ

彼氏・彼女の歯が汚くて、悩んでいませんか?

歯の汚さの感覚は、人によって様々なので、自分では普通って思っていても相手からすると「汚い」と感じるかもしれません。

それが彼氏・彼女となると、言い方次第では相手を傷つける可能性もあるでしょう。

世の男性・女性たちはこの悩みを抱えながら、打ち明けられずにいるはず…。

今回は、同じように悩む男性・女性たちの体験談・改善策などをまとめてみました。

【U・Kさんの体験談】

私の彼の話ですが、ランチを食べた直後でもないのに、歯の隙間に食べかすが詰まっていることがあります。

本人はきっとあまり気にしていないのだと思います。

というのも、一度や二度ではないからです。

気にする人はきっと、食後に食べかすが詰まっているか確認するでしょうし、食後すぐではなくてもトイレに行った時などにサッと確認するかと思います。

それをしないで一日を過ごすのは、本人は何も気にしていなくても、こちらが気になって気になって仕方ありません。

何度か指摘したこともありますが、そもそも身なりもあまり意識していない人なので、なんだかこちらも言いづらいです。

なぜなら、本人がさほど気にしていないからです。

でも、私は顔を見るたびに目についてしまい、話している内容が頭に入ってこないですし、キスをするのも嫌になってきました。

身だしなみをあまり構わない彼も、周りの人のことをもう少し考えてほしいです。


【S・Mさんの体験談】

私が、歯が白い人について思うことは、「経済的な余裕と教養がある人」と言う印象です。

普通に歯磨きをしているだけでは、歯に目がいくほど白くはならないと思います。

なのでホワイトニングをする必要があると思いますが、歯医者やお店でのホワイトニングは結構な金額がかかります。

それを維持できると言うことは経済的に安定していて、なおかつ歯の健康が体の健康につながることを意識する教養があると言うことです。

今付き合っている彼はフリーランスでジュエリーの仕事をしていて、歯が真っ白です。

前に尋ねたことがあるのですが、歯を白くする理由は、社交界で歯を大切にしない人は自己管理ができていない恥ずかしい人に見られるからと言っていました。

仕事をうまく動かすためには健康が大切で、不健康になる要素は全て直すと言うことが教養ある人たちの間では常識だと知った瞬間でした。

このことから、歯を白くしている人は、自身の健康と成功のための手段であることがわかりました。


【U・Kさんの体験談】

近年、タバコを吸う女性がけっこう増えていますよね。

車を運転しながら平気で吸っていたり、喫煙コーナーでも男性より女性の姿が多く見られたりもします。

私自身、タバコというものは吸った経験もないし、何よりあの煙のニオイがもう無理なので吸いたいと思ったこともありません。

私の元カノはけっこうタバコを吸う方なんですが、歯にヤニが染みついた状態になっていました。

美人だったんですが、歯にヤニがついていたら、私はその時点で嫌悪感を抱いてしまい、そこから少しずつ彼女に対する気持ちが冷めていきました。

あまりに白すぎる歯も不自然ですが、ニッと笑った時などにチラッと見えた歯がヤニで黄ばんでいたらゾッとします。

それに、タバコを吸って歯にヤニがついていると口臭も少なからずありますよね。

ちょっと近くで話した時の喫煙者独特の何とも言えない口のニオイ、私は生理的に無理と思いました。

タバコの好き嫌いは人それぞれなので「身体に悪いしやめなよ」なんて簡単には指摘できません。

でも、女性がスパスパタバコを吸って歯がヤニで汚れている姿を見ると残念ですし、ちょっと恥ずかしいです。

日常生活で歯の黄ばみを作らない為に出来ること!
 

【にんにく】

にんにく.jpg
にんにく料理にはおいしいものがたくさんありますが、食べたあとの口臭がやっかいです。

しかし、口臭以外にも実は歯の黄ばみのもとになっていることはあまり知られていません。

にんにくは白色で着色汚れとは無縁に思っている方も多いでしょう。

歯の着色汚れといえば、ワインやコーヒーといった色の濃い食べ物を連想します。

これらはポリフェノールという色素成分が着色汚れの原因になっています。

しかし、ポリフェノール以外にも着色汚れの原因になっているものは多くあります。

その一つが硫黄成分です。

硫黄は茶色の黄ばみを歯に沈着させてしまいます。

料理中に目にしみたり、食べた後に口臭が気になる食物には硫黄を含んでいる場合があります。

にんにくも硫黄を含んでいます。

そのため、臭いのケアと同じく歯のケアも忘れずにしたほうがよいです。


【緑茶】

禄茶.jpg
緑茶は日常でよく飲まれているお茶の一つです。

緑茶に含まれているカテキンには血中コレステロールをさげたり、血圧や血糖値の上昇をやわらげたり、抗酸化作用があります。

他にもカフェインによる眠気の除去や、テアニンによるリラックス効果もあります。

ビタミンも豊富でお肌にもよいとされています。

他にもさまざまな有効成分が含まれている緑茶ですが、歯の黄ばみのもとになる成分も含まれているので注意が必要です。

緑茶をはじめさまざまなお茶に含まれているタンニンと呼ばれる成分は、歯の表面のペリクルに結合し色素沈着を起こし、歯を黄ばませる原因になります。

【醤油】

醤油.jpg
醤油は古くから親しまれてきた調味料です。

実は、醤油は日本以外にもアジアのさまざまな地域で使われている調味料です。

海外の醤油はカラメルを加えていたり日本とは異なる原料が使われていて、各地域の特色が出ています。

日本の醤油は大豆を主な原料にしていて、小麦を少量使う場合もあります。

ところで、大豆や小麦を原料にしているのに、なぜ醤油は黒っぽいのでしょう。

醤油は、大豆などの原料を熟成して諸味を作る段階で、たんぱく質が分解されうまみ成分などが出てきます。

この段階で発生するアミノカルボニル反応によって生産されるメラノイジンという褐色の色素が醤油の色になります。

このメラノイジンという色素は歯の表面に着色して、歯の黄ばみの原因になります。


今日のまとめ

身近にある食べ物でも、知らない間に歯の黄ばみの原因になっているかもしれません。
普段よく食べる物など見直すことも大切ですね。

即効で効果を感じる為にも、医療機関だけではなく、気軽に出来る自宅でホワイトニングやセルフホワイトニングサロン等も増えてきました。

良好なお付き合いを続けていき、印象を下げないためにも
ホワイトニング始めて見ることをおすすめします。