子供の歯に黄ばみができるのは何故?今すぐできる対応策を紹介

kodomo.jpg

▼歯科医も認めるホワイトニングが割引中▼

【コスパNo.1】『歯の黄ばみ』簡単に白くなる時代到来!?専門家も認める驚きの方法とは…>>詳しくはコチラ

「自分の子供にはできるだけ綺麗な歯でいて欲しい」と親は望んでますよね。

子どもの歯を綺麗にさせるには、歯磨きの仕方が大事なの?それとも、歯に着色しやすい食べ物の知識を知る必要性があるの?

今回は白い清潔な歯にする為に、子どものために気を付けている母親の体験談を集めました。

そして、子供の歯が黄色い原因や治す方法、歯の着色しやすい食べ物に関する情報をまとめてみました。

 

【I・Oさんの体験談】

ウチの子供(5歳)は前の上の歯2本が黄ばんでいます。

朝は口臭も有ります。

そのため現在虫歯はないのですが、歯医者へ連れて行きました。

「お茶で黄ばんだのでしょう。」と言われました。

そのまま放っておくと、虫歯へと進行する事もあるそうです。

というのも、黄ばんでいない状態の場合、歯の表面は平らなんですが、黄ばみが凸凹を作るため、菌が付着しやすくなるそうなんです。

ウチの子供は歯医者で3分程度の処置で、削って汚れを落とし、元の色に戻りました。

子供のうちから歯が黄ばむとは思ってなかったので、歯磨きのケア方法を見直します。


【A・Eさんの体験談】

6歳半の娘に歯の黄ばみがあります。

恥を承知でお話ししますが、最近になって上の歯が全体的に黄ばんできました。

4歳くらいから歯磨きを嫌がりはじめました。

夜だけでも、必ずやるようにしていましたが、機嫌が悪い時は何をやっても出来ませんでした…。

ここ何ヵ月で気になり始めたんですが、上の歯が黄ばみが、近くで見ると目立つようになり、現在は子供用の歯磨き粉を使っていても、綺麗になりません。

朝起きると口臭もひどく、無理やりでも歯を綺麗に磨かせておけば良かったと後悔しております。

歯医者にいく前に、市販で安全な子供にでも使えるホワイトニングの方法を試してみたいと思います。


【K・Jさんの体験談】

3歳半の息子がいますが、お茶やオレンジジュースが大好きなんです。

毎日歯磨きはしているんですが、その為か歯が黄ばんできます。

定期的に歯科に連れて行くようにしたり、家でもフッ素を塗っています。

虫歯は無いですが、朝は口臭も有ります。

数か月前に風邪をひいて咳込んでしまい、歯磨きをきちんと出来ない期間が1、2週間ほどありました。

それ以降、虫歯ではないのに前歯が黄色く染みみたいになっています。

今後も定期的に歯科に通ったり、フっ素等の予防ケアを継続します。

また、黄色く染みになった前歯の改善方法に取り組んでいきたいと思います。

子供の歯って、少し気を抜くと大変なことになるんですね。


子どもの歯を守る為に大切な知識とは?


【歯の磨きすぎ】

haburasi.jpg
歯磨きは歯をケアするためには欠かせません。

歯磨きをしないと、歯に色素が着いて黄ばんで見えたり、虫歯になって大切な歯を失ってしまうこともあります。

歯磨きは大事ですが、やり過ぎると逆に歯に良くないことをご存知でしょうか。

例えば堅い歯ブラシで強く力をいれて磨いたりすれば歯の表面のエナメル質を簡単に傷つけてしまいます。

他にも食後はお口の中が酸性に偏っていて傷つきやすい状態にあるため、すぐに歯ブラシで磨くと歯を傷つけやすいです。

歯の表面はこのように簡単に傷ついてしまいます。

傷つくと、食べ物などに含まれる色素が沈着しやすくなり歯の黄ばみの原因になります。

【焼き鳥】

yakitori.jpg
焼き鳥は古くは平安時代にも記録が残されている伝統的な料理です。

現代でも、お祭りの屋台、宴会場、食卓などさまざまな場面で人気の料理です。

通常焼き鳥は、鶏肉を小さく切って串に指して味付けをして焼いたものを指します。

味付けはタレと塩の2種類が一般的です。

レは醤油やみりんを混ぜ合わせたものが使われ、とても香ばしく食欲をそそります。

この焼き鳥のタレにも使われている醤油は大豆が原料です。

大豆にはイソフラボンというポリフェノールが豊富に入っています。

このポリフェノールは体に良い効果をもたらす反面、歯の表面のぺクリルと呼ばれる層に
結合して着色しやすく、歯の黄ばみの原因になります。


【梅干し】

umebosi.jpg

梅干しはおにぎりの具やご飯のおともに定番の食材です。

日本では平安時代にすでに健康食品として食べられていた記録が残されているほど歴史の長い伝統的な食べ物です。

伝統的な作り方の梅干しは酸味が非常に強いですが、現代ではハチミツを加えたりして味がまろやかなものも作られています。

そのすっぱい味からもわかるとおり、梅干しには酸が多く含まれています。

そのため、梅干しを食べた直後はお口の中が酸性に偏った状態になりやすいです。

この酸は歯を溶かす作用があるため、一時的に歯の表面のエナメル質が傷つきやすい状態になります。

歯の表面が傷ついていると、食べ物や調味料に含まれる色素がくっつきやすくなり歯の黄ばみの原因になります。


(今日のまとめ)
着色が気になる場合は、一度歯医者さんで健診をすることも一つの方法ですね。

歯石や色素沈着もとってもらえますし、磨いてもらい虫歯予防の為にもお勧めです。

もしくは、子供向けで自宅でも出来る予防法も色々あり、「クリアクリーン・キッズを買って磨いている内に大分白くなりました。」という声もありました。

アメリカでは、歯磨きをきちんとしながら日常的に「フッ素入り飲み水」を飲まして、だいぶ虫歯を防ぐ事が出来るそうです。

歯の磨きすぎや日常生活で食べる物にも黄ばみの原因があったんですね。
特にお茶類(麦茶、番茶など)

改めてスキンケアの方法や歯の黄ばみの原因を知ることで、子供に合った一番良い方法が見つかると良いですね。

このホームページ内でも、歯の黄ばみをケア出来る方法を色々紹介します。