20代で歯の悩みはおかしいの?悩み・トラブルとお役立ち情報!

uzurasennsei.jpg

▼歯科医も認めるホワイトニングが割引中▼

【コスパNo.1】『歯の黄ばみ』簡単に白くなる時代到来!?専門家も認める驚きの方法とは…>>詳しくはコチラ

歯は年齢を重ねていくうちに、もろくなったり、汚れが付着してなかなか取れなくなったりしますよね。

私自身20代の頃より歯の黄ばみを気にするようになりました。

決して歯磨きをしていないわけではありません。

どんなにオシャレをして、メイクをばっちりしても、歯が汚れているだけでなんだか気分が上がらず、いつも心に引っかかって、思いきり笑うことが出来ません。。

そこで、年代別歯のお悩み体験談と身近な生活の中で、歯の黄ばみの原因となる食べ物についてまとめました。

【R・Mさんの体験談】

20代の頃にある歯の悩みの一つとして、歯の黄ばみ、着色汚れがあります。

毎日しっかり磨いているのに、歯の表面に薄く黄色い汚れがついてしまうと、自分ではどうすることもできないですよね。

20代といえば、おしゃれが一番楽しい時期です。

どんなに新しい洋服を着てメイクをばっちりしてみても、歯が汚れているだけでなんだか気分が上がらず、いつも心に引っかかって、笑顔を曇らせてしまいます。

そんな時は、自分に合ったホワイトニングの方法を探してみることをお勧めします。

ホワイトニングといっても、歯科クリニックで受ける高額なものだけではありません。

自宅でできる歯磨き粉型のものもあります。

これなら、毎日の歯磨きのついでにできるし、歯科クリニックに通う手間も費用もかかりません。

自宅でのケアで限界を感じたら、歯科クリニックでのホワイトニングもお勧めです。

軽い着色汚れなら、歯石除去のついでにしてもらえる仕上げの洗浄で取れることもありますよ。

歯はずっと大切にしたいものです。

早めのケアをお勧めします。


【T・Mさんの体験談】

私は現在30代後半です。

今まではあまり気にしていなかったのですが、最近なんとなく歯が黄色くなってきたのでは?と感じることが多くなってきました。

加齢によって歯が黄ばむ現象ってあるのでしょうか?

よく色の濃い食べ物や飲み物を断続的に摂取すると、歯がくすんできて汚れるという話を聞いたことがあります。

いわゆるステイン汚れというものですね。

これにはちょっと思い当たるふしがあります。

私はコーヒーが好きで、1日に2杯ほど飲むのが習慣となっています。

それに加えて、最近は赤のスパークリングワインを月に1回以上は飲んでいます。

おそらくそのせいで、少しづつ歯にステイン汚れがたまってきているのかもしれません。
決して歯磨きをしていないわけではありません。

お口の健康は常に意識しているつもりで、少なくとも1日に3回は歯磨きをしていますし、デンタルフロスも使用しています。

ただ、使用している歯磨き粉はホワイトニング効果のあるものではないので、今後は少々高いですがホワイトニング効果のあるものを選んでみようと思います。

【M・Nさんの体験談】

私は40代で、年齢的には決して”今どきの若い人”ではないのですが、口の中だけは今どきというか、今どきの若い人達に近いところがあります。

なにかというと、歯並びがよくないのです。

上も下も目立つところの歯のはえ方がずれている(上の歯は左右に八重歯、下の歯も左右にずれた歯があるので牙みたいになっています)ので、ひとめが気になって大きな口を開けられません。

そして親知らずも1本だけしかはえていません。

その1本もちゃんとはえきらずに小さく頭を出しているという感じです。

この親知らずがはえてきたのは30代半ばのころです。

それ以前は自分の親知らずはすでにはえ揃っていると思っていたので、その奥から骨が出てきていると思ってびっくりしました。

そういう病気なのかと思いました。

その親知らずはしっかりはえてこないで、はえかけの状態のままです。

この親知らずがはえてくるときにはその部分がうずきました。

他の親知らずがこの先はえてくるのか、それもちょっと心配です。

綺麗な歯を手に入れる為の予防ケア!

【わさび】

wasabi.jpg

わさびはそばや刺身などの古くからある日本の料理に使われてきた伝統的な調味料です。
近年ではわさびが体に与えるメリットについての研究も進んでいます。

スルフィニルというわさびに含まれる成分はポリフェノールよりも抗酸化作用が高くアンチエイジングに有効だと言われています。

このように風味だけではなく健康にも良いわさびですが、歯の黄ばみの原因にもなります。

手軽に使うことのできるチューブ入りのわさびなどはさまざまな成分が含まれています。
この成分の中にはよく調味料に使われる酸味料が入っている場合があり、歯の表面を傷つける可能性があります。

歯の表面が傷ついている状態では着色汚れができやすくなるので注意が必要です。


【焼きそば】

yakisoba.jpg

お祭りの屋台などでも良く見かける焼きそばは、家庭の食卓でも手軽に食べられています。
インスタントの焼きそばも人気があります。

ソースが香ばしく食欲を刺激するソース焼きそばは、焼きそばの定番かもしれません。

しかし、ソース焼きそばのソースは歯の黄ばみの原因になるので注意が必要です。

ソースには、ケチャップなどの他の調味料と同じように保存料も含まれています。

その保存料が歯の表面のエナメル質を傷つける可能性があります。

傷ついた状態の歯はソースに含まれる濃い色素が一段とつきやすい状態になっているので歯が黄ばむ原因になります。


【ぶどう】

budou.jpg

ジューシーで甘酸っぱいぶどうは、日本でもとても好まれている果物のひとつです。

そのまま果実を食べる以外にも、ワインやジュースとしても愛飲されています。

ヨーロッパを始め、海外でもぶどうは昔から食されていて、疲労回復や栄養補給に良いといわれてきました。

また、ぶどうの皮に含まれるポリフェノールは、ワインなどにも含まれていて、抗酸化作用によるアンチエイジングや美肌効果が期待できます。

体に良いと呼ばれるポリフェノール。

実は、歯の表面のエナメル層を保護しているぺクリル層の成分と結合しやすい成分なんです。

そのため、色素が沈着して歯の黄ばみの原因になることも。


(今日のまとめ)
今回年代別のお悩みと生活の中で気を付ける身近な方法を紹介しました。

「歯はいのち」という内容の本も多数出版されており、歯の予防も意識して行うことが大切ですね。

歯の健康を維持するためにも自分に合ったホワイトニングの方法や予防やケアの知識を探してみることをお勧めします。