コーヒー好きな人ほど歯が黄ばみやすい!?意外と多い歯の黄ばみ問題。

▼歯科医も認めるホワイトニングが割引中▼

【コスパNo.1】『歯の黄ばみ』簡単に白くなる時代到来!?専門家も認める驚きの方法とは…>>詳しくはコチラ

前回お話しした歯を白くするために行動した続きをお話しします。

私はそろそろ27歳。

笑うたびに見える歯、友達と写真を撮るたびに黄ばんでいる私の歯。

こんな若くで歯で悩むなんてとても悲しくなりました。

私は必至で、インターネットで「歯を白くするための方法」を検索しました。

そこで驚いたのが、私のように悩んでいる人が意外にも沢山いたんです。

「歯が黄ばんで老けて見られました」

「会話中も歯が黄ばんでるのが気になって、会話に集中できません」

一番ビックリしたことは、歯の黄ばみはタバコを吸っているヘビースモーカーの人や30代、40代、50代からの悩みではなかったんです。

一番若くて、小学生くらいから私のように20代で歯の黄ばみに悩む人が沢山いたんです

なんで、こんな若いうちから歯の黄ばみに悩むのか…。

私は悲しくなりましたが、歯が黄ばむのか原因を発見しました。

私もよくしていた行動の一つなんですが、スターバックスやタリーズコーヒで友達とお喋りして過ごす…。

そうやって若いうちからコーヒーを当たり前のように飲む機会が原因だったかもしれないんです。

調べて見ると、コーヒーの中に入っているカフェインは歯の黄ばみの原因になる代表的な食べ物で有名でした…。

他にも赤ワイン、チョコレート、お茶、紅茶、ソバ、大豆、玉ねぎ、ネギ、にんにく、にら、大豆、コーヒー、コーラ、お茶、紅茶、ココア、チョコレート、栄養ドリンク、カレー、ビーフシチュー、キムチなど

こんなにも沢山の身近な食べ物が歯に着色しやすく、歯の黄ばみの原因になっていることを知り驚きますよね。

何も分からず黄ばみ続けてきた26年間…。(笑)

歯磨きをゴシゴシ丁寧にやれば間違いないと思っていて…気づいた時には黄ばみはどんなに磨いても落ちない…。

私みたいに悩む若い世代から30代、40代、50代、60代の全ての人がこのブログが参考になるかなと思い歯を白くするための日々の続きを書きます。(こうして書くと全ての世代ってことになっちゃいますね。笑)

ということで、私が歯を白くするために始めた最初のことは、「歯に着色しやすい食べ物を食べた後は、「水を飲む」、「歯を磨く」ということから始めました…。


では、そろそろ長くなってきたのでまた次回に続きは書いていきますね。

次回:笑顔が素敵な会社の同僚にドキドキ!歯が白い人は笑顔も素敵