歯にコンプレックスがあった私がきづいたこと。

▼歯科医も認めるホワイトニングが割引中▼

【コスパNo.1】『歯の黄ばみ』簡単に白くなる時代到来!?専門家も認める驚きの方法とは…>>詳しくはコチラ

私は歯の黄ばみにコンプレックスを持っていて、気になっていた人から「歯が黄ばんでいる」と言われて、それがきっかけで歯が綺麗な白い人を見ると憧れるようになりました。


歯にコンプレックスを抱えていたため、ホワイトニングを学ぶことで、少しでも気持ちを切り替えたかったんです。

笑った顔に自信がなく、会話も上手く出来ず、自分に自信を持とうと色々なホワイトニングを試しても「どうせ私はキレイになれないんだ」と諦めて落ち込んだ時期もありました。

洋服をオシャレして見たり、化粧を頑張ってみたりしても、自分の歯に自信がなくに気分が優れず、買い物や日常生活も全然楽しめていませんでした。

普段の生活で、もっとオシャレを楽しくしたいという気持ちはありました。

どんなにファッションを気にしたり頑張ってみても「どうせ私には似合わない」と最後は思ってしまい周りからの目を気にしたりいつも自分らしくなれませんでした。

写真に写るときも歯を見せないように意識して、いつも同じ表情になってしまい笑顔に自信がないし、写真の写るのが嫌でした。

受験の時や就職活動の時もすごい劣等感がありました。

面接のときも清潔感があってハキハキしている人が好印象だと分かっていてもそうなれずに諦めていました。

自分の歯が綺麗だったら、もっと良い人生を歩めたはずなのに…

人と比べることばかりで自分の顔が本当に嫌いでした…。

そして、私は歯を白くするための方法を色々と調べ始めているそんな時に、笑顔がとても素敵な仕事場の同僚と出会ったんです。

その人の笑った時に見える歯はとても白くて、ステキな笑顔に衝撃を受けて歯のケアをしているのか聞いてみたら「セルフホワイトニング」をしていると言っていたんです。

家に帰って色々調べていくうちに「自分が探していたのはこれだ!」と強く思いました。


人に歯を見せないといけないという不安はありましたが、セルフホワイトニングによって綺麗になっていってコンプレックスを自信に変えるが出来たんです。

最初の1~2回通ってみた時は、これで本来の歯の色の白さに戻るのかなという不安も出てきましたが、諦めずに続けて見たから効果があったんだと思います。

セルフホワイトニングを通って、少しずつコンプレックスの歯が白くなっていくことで気持ちがどんどん前向きに変わっていきました。

人と話すときも思いっきり歯を見せて笑えるようになったり、写真に写ることも好きになり、それが自信にも繋がりました。

ちょっとした小さなことでも自信に変えることで毎日が前向きになれて、楽しくなるんだと思います。

現在も月に1回メンテナンスでセルフホワイトニングに通っているんですが、毎月その日が楽しみになっています。

セルフホワイトニングに出会えたことで、私の人生が本当に明るくなって楽しくなったような気がします。

あの時職場の同僚に聞いてなかったら、今でもセルフホワイトニングを知らず笑う時は自分に自信もなく、今のような前向きの考え方にたどり着いてなかったかもしれません。

そう思うとあの時、セルフホワイトニングを教えて頂いた職場の同僚に本当に感謝したいです。

私の人生が明るく生き生き輝けるようになったきっかけは、今まで歯の黄ばみのコンプレックを自信に変えてくれたセルフホワイトニングとの出会いがあったからです。

最初は友達や周りにやっている人が居なくて一歩踏み出すのはこわかったんですが実際にやってみて簡単で効果が実感できたので本当に良かったです。