知らなきゃ損する!?ホワイトニングの種類とメリット・デメリット

知らなきゃ損する!?ホワイトニングの種類

▼歯科医も認めるホワイトニングが割引中▼

【コスパNo.1】『歯の黄ばみ』簡単に白くなる時代到来!?専門家も認める驚きの方法とは…>>詳しくはコチラ

1.オフィスホワイトニング

オフィスホワイトニング
歯科医院にて歯科医師や歯科衛生士が施術するホワイトニング方法です。

施術の流れは歯科医院によって異なりますが、最初に希望の歯の白さなどを相談するためのカウンセリングや、歯のクリーニングを行ってからホワイトニングの施術に入るケースが多いです。

その後にホワイトニングジェルと言われる薬剤を歯の表面に塗布し、ライトを照射して歯を白くします。

多くの歯科医院では、「過酸化水素」という成分を主成分としたホワイトニングジェルが使用されています。

また、歯科医院によって費用に差があります。

これは使っている薬剤が歯科医院によって違うことが理由だと言われています。

薬剤の違いだけでなく、ライトの代わりにレーザーを当てる「レーザーホワイトニング」や、チタンを使用するホワイトニングなどオフィスホワイトニングにも様々な種類が出てきているようなので、下調べをしてから行かれることをオススメします。

オフィスホワイトニングのメリット

・歯科医院で行うため、安全性が高い

・即効性が高いため、短い期間で白い歯を目指せる

・希望の白さを相談できる

・施術は歯科医師や歯科衛生士に任せられるため、手間いらず

オフィスホワイトニングのデメリット

・数回通院が必要な場合がある

・色の後戻りがしやすいため、色の維持のためにはメンテナンスが必要

・真っ白な歯を目指したい場合は、オフィスホワイトニングだけでは限界がある

・施術に高濃度の漂白剤が使用される場合が多く、痛みが出やすい

・施術直後は禁煙や食事制限をしなければならない場合がほとんど

2.ホームホワイトニング

ホームホワイトニング
一般的には歯科医院にて歯型をとり、専用のマウスピースを作ります。

マウスピースは持ち帰り、自宅にてマウスピースにホワイトニングジェルを塗布して毎日装着します。

これを2~3週間継続しておこないます。
装着が2時間で良いものから、就寝中に装着するものもあるようです。

海外のマウスピース付の製品をネット等で購入することで、歯科医院に一度も行かずに行える方法もあります。

しかし必ずしもマウスピースが自分に合うとは限らないことや、リスクも大きいことから、今のところ歯科医院にて専門家による指導を受けてから行う方が多いようです。

ホームホワイトニングのメリット

・自宅でできるため、歯科医院に通う手間が省ける

・オフィスホワイトニングに比べてホワイトニング剤の濃度が低く、痛みがでにくい

・比較的手ごろな金額でできる

・後戻りしにくい

・自然な白さに仕上がりやすい

・目指す白さになるまで、自分のペースで続けられる

ホームホワイトニングのデメリット

・低濃度のホワイトニング剤で徐々に白くするので、即効性はない

・基本的に毎日しなければならない

・自分で行う手間がかかる

・自分で行うため、間違った方法で行ってしまう可能性がある

・施術している期間は着色しやすいため食べられる物が限られる

3.デュアルホワイトニング

デュアルホワイトニング

オフィスホワイトニングとホームホワイトニングを並行して行う方法がデュアルホワイトニングです。

最初に歯科医院にてオフィスホワイトニングを行います。
その後24時間以上時間を置き、自宅でホームホワイトニングを実施します。

これを1~2週間1クールとし、2クール程度繰り返すのが一般的です。

それぞれの長所を活かしながら、より効果的にホワイトニングを行っていきます。

デュアルホワイトニングのメリット

・オフィスホワイトニングとホームホワイトニングを並行して行うため、目標の白さまで到達するのが早い

・より白い歯を目指すことができる

・毎回歯科医院に通う必要がない

・色が後戻りすることが一番少ない

デュアルホワイトニングのデメリット

・一般的に費用が高い

・オフィスホワイトニングとホームホワイトニングの両方の刺激を受けるため、痛みがでることが多い

・オフィスホワイトニング・ホームホワイトニングと同様、施術期間中は着色しやすいため禁煙や食事制限をしなければならない場合が多い

4.セルフホワイトニング

セルフホワイトニング

エステサロンにてスタッフからの説明を受け、基本的に施術は自分自身で行うのが、セルフホワイトニングです。

近頃、このセルフホワイトニングが登場したことによって、基本的に歯科医院に行くのが一般的とされていたホワイトニングがより身近に感じられるようになったのではないでしょうか。

医師・歯科医師・歯科衛生士などの国家資格を持つ者以外が、口の中に触れるのは法律で禁止されています。
そのため、そこにいるスタッフは説明やサポートを行い、施術は自分自身で行います。

また、セルフホワイトニングでは医薬品を使用することはできないため、ポリリン酸やメタリン酸や重曹といった市販されているものを使用しています。

セルフホワイトニングのメリット

・その他のホワイトニングに比べ、かなり低価格でできることが多い

・強力な薬剤は使用しないため、痛みがない

・エステサロンなので、雰囲気が良く通いやすい

・時間があるときに気軽に予約できる

・その他のホワイトニングのような、施術後の禁煙や食事制限の必要がない

・一般的に月に1回の来店で良い

セルフホワイトニングのデメリット

・医薬品ではなくあくまで市販されているものを利用するため、効果が少ない

・自分で施術しなければならないため、面倒

まとめ

今回は、専門家の指導のもと行うホワイトニングと、エステサロンにて自分で行うホワイトニングについてまとめてみました。

それぞれにメリット・デメリットがありますので、ライフスタイルや目指したい歯の白さによって選んでみてください。

自宅で気軽にできるホワイトニング「クレスト 3D ホワイト」についてまとめている記事もありますので、自宅でのホワイトニングを検討している方はご覧ください。