【口コミ評判】ホワイトニングペンの効果は?日本製・海外製の比較

whiteningpen2

▼歯科医も認めるホワイトニングが割引中▼

【コスパNo.1】『歯の黄ばみ』簡単に白くなる時代到来!?専門家も認める驚きの方法とは…>>詳しくはコチラ

皆さんはホワイトニングペンというアイテムをしっていますか?

ペンタイプになったホワイトニング商品で、持ち運びに便利でどこでも気軽にホワイトニングができるということで話題となっています。

最近は日本でもホワイトニングを意識する人が増えてきているため、ドラッグストアなどでも購入できる市販品も登場しています。

また、日本のホワイトニングペンに比べて海外のホワイトニングペンの方が効果が高いと言われています。

そんなホワイトニングペンについて、種類や効果、詳しい使い方、実際に使ってみた人の口コミ評判など徹底調査してみましたのでご覧ください。

 

日本と海外のホワイトニングペンには効果の違いがある!?

whiteningpen2

現在ホワイトニングペンとして販売されているものの中には、様々な種類があります。

ホワイトニングペンのほとんどは、先端のハケからホワイトニング成分のふくまれる液体が出てきて、それを歯の表面に塗ることでホワイトングができるというものです。

このホワイトニングペン、実は日本だけの商品ではありません。

海外にも同じような商品があります。

しかし、日本のホワイトニングペンと海外のホワイトニングペンでは効果に大きな差があります。

なぜ効果に差があるのかというと、ホワイトニングペンに含まれる成分が大きく違うからです。

日本のホワイトニングペンには一般的に、ホワイトニング成分として亜塩素酸ナトリウムが配合されています。

この亜塩素酸ナトリウムは、歯の表面の着色汚れを浮かせる効果はありますが、強いホワイトニング効果は望めません。

一方で、海外のホワイトニングペンの多くは、ホワイトニング成分として過酸化水素が使われています。

この過酸化水素という成分は、日本の薬事法では現在市販品への使用を禁じられています。

しかし、日本でも歯科医院で行う歯のホワイトニングには使われることの多い成分なんです。

この成分は歯を漂白する成分なので、効果の面では日本のものよりも海外の物の方が確実性があります。

海外のホワイトニングペンはネットでなら日本でも購入できるということで、その高いホワイトニング効果を期待して購入する人が多いようです。

しかし、その効果が高いだけに失敗やリスクも高いと言われていますので、取扱いに注意が必要です。

個人的には、表面の着色汚れを落とし、自分の歯の本来の白さに近づけたいという方には日本のホワイトニングペンをオススメします。

また、歯科医院でのオフィスホワイトニングを受けた後、色戻りを防ぐためにホワイトニングペンを使用する方もいるようです。

単体では劇的な効果は得られそうにありませんが、使い方次第でうまく活用することができそうです。
 

ホワイトニングペンの使い方

whiteningpen3


①歯の表面の水分をふきとります。

②歯にジェルを塗ります。

③数分間待ちます。

③歯磨きをしてジェルを洗い流し、完了です。

上記の使用方法は一般的な使用方法の例です。

商品によっては1液と2液があり、2段階に分かれているものや、ジェルを塗った後の歯磨きが不要のものもあります。

購入した商品の正しい使用方法で使わなければ十分な効果は得られませんのでご注意ください。

 

どんな種類があるの?値段・口コミ評判

No.1ボディマジック ホワイトニングペン

こちらは1液と2液に分かれたタイプです。

シェイドガイドがついているため、色の変化を確認しながら使用できます。

ボディマジック

値段 

2,041円~(amazonで購入した場合)

口コミ評判

くすみがなくなった気がします! 
私には効果がありました
めんどうで続きませんでした。

 

No.2ナチュラルホワイト ブライトスティック

こちらも1液を塗布した後に2液を塗布するタイプです。

ナチュラルホワイト

値段 

3,800円~(楽天で購入した場合)

口コミ評判

オフィスホワイトニングのアフターケアにはぴったりです。
私には効果がありませんでした。
低刺激で使用感がいいです。

 

No.3胡粉美人歯マニキュアEX

マニキュアEX
こちらは他のものとは違い、着色汚れを浮かせるようなものではなく、「歯のマニキュア」といわれる商品です。

海のミネラルから作られているため歯の美容にも良いといわれています。

値段 

2,138円~(Yahoo!で購入した場合)

口コミ評判

元の歯が黄ばんでいるだけに不自然な白さになります。
塗るのにコツが必要ですが、愛用しています。
塗るのが難しいです。

 

No.4ティース ホワイトニングペン

ティースホワイト

こちらは海外のホワイトニングペンです。
主要成分は過酸化水素なので、歯を漂白して白くします。
しかし、非常に強い成分なので、取扱いに注意が必要です。

値段 

1,680円~(個人輸入した場合)

口コミ評判

口コミは特に見当たりませんでした。

 

まとめ

いかがでしたか?

最近では日本でも市販されることが多くなり、気軽にホワイトニングができるということで非常に便利なアイテムですよね。

 

しかし、効果に定評のある海外の物などは効果が高い分リスクも高いので、取扱いに注意が必要です。

日本で市販されているホワイトニングペンでは劇的な効果は期待できませんが、なりたい歯の白さや、歯の治療状況などに応じて自分に合うものを選び、正しく使用することでそれなりの効果が得られそうですね。

自宅で手軽にホワイトニングをしてみたい方にはオススメの商品ですので、検討してみてはいかがでしょうか。